• 分譲マンション
  • 大阪府守口市
  • NIPPO・近鉄不動産・長谷工コーポレーション

住宅ライターの「ル・サンク守口」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ル・サンク守口 > 『80㎡超』&『ナチュラルテイスト』のモデルルームで、『ル・サンク守口』の住空間を体感!
2016年12月13日

『80㎡超』&『ナチュラルテイスト』のモデルルームで、『ル・サンク守口』の住空間を体感!

さて、前回はクリスマス仕様に彩られた【ル・サンク守口】の
マンションギャラリー館内の様子をご紹介しましたが、
今回のレポートでは、モデルルームをクローズアップ!
ゆとりの住空間を検証してみましょう。
※以下Gタイプモデルルーム(特別仕様)を撮影・・・・・・2016年11月撮影。

まずは“自分たちに必要な住宅面積の目安”を知っておこう!

突然ですが、皆さんは“自分たちに必要な住宅面積の目安”ってご存知ですか?

マンションを探している方の多くは、
「○LDKの部屋に住みたい!」と、部屋数を重視する傾向が強いのですが
実は部屋数だけでなく、“必要な住宅面積”について意識をすると、
広すぎず、狭すぎず、効率の良い住空間選びを行うことができます。

201611CCF20161209-1
▲こちらは【Gタイプ】モデルルームの間取りです。
※画像をクリックすると拡大画像を確認できます。

201611CCF20161209-2222222
201611CCF20161209-2
▲そして、こちらは【Gタイプ】の基本プラン。
上下で見比べてみるとモデルルームがどんな風にアレンジされているかわかりやすいですね!

※画像をクリックすると拡大画像を確認できます。

【Gタイプ】は南東角住戸ならではの明るさと開放感が感じられるプラン。

家族団らんのリビング・ダイニングと、
プライベート空間である各居室の配置が
しっかり住み分けされている所が良いと思いませんか?

「リビング・ダイニングの様子を見られたくない」という場合にも
玄関からの視線が気にならない『横入り玄関』になっている点も魅力的です。

最近の分譲マンションは、建築費高騰の影響を受けて一戸あたりの専有面積がどんどん縮小傾向にあり、
特に都市部では70㎡台前半で強引に4部屋を作るようなプランも増えてきているのですが、
【Gタイプ】は83.93㎡の4LDKですからリビング・ダイニングも12畳以上、主寝室も6畳以上が確保されていて、
ゆったりとした住空間を実感できそうです。

“ヴィンテージモダン”でコーディネートされた
Gタイプモデルルーム(特別仕様)

201611-DSC08202
▲今回【ル・サンク守口】では、無償で選べる建具カラーが4色用意されており、
自分好みの色をセレクトできるようになっているのですが(※)、
【Gタイプ】モデルルーム(特別仕様)で使われている建具カラーは『ヴィンテージモダン』。
近頃人気のテイストである“男前インテリア”風のスタイリッシュなコーディネートが行われています。

※建具カラーの無償セレクトは階数によって期限が異なりますので詳しくはマンションギャラリーのスタッフの方にお問い合わせください。

201612-1612072222
▲筆者が個人的に感激したのは、玄関ホールの設計。
間取図内の洋室(2)のスペース半分を、ライブラリー風の玄関ホールとして設計変更することで、
“ゆとりある住空間”を来訪者に印象付けるすばらしいウェルカムスペースに仕上がっています。
もちろん、こちらの空間はモデルルームならではの特別仕様ですが、
建具カラーも含めて、自分好みの空間づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか?


201612-1612073333 Q_設備1011ol
▲洋室(2)の残る半分と洋室(1)をコネクトすることで、
こんなゆったりした主寝室を作ることも可能!
部屋数よりも“空間の広さにこだわりたい”という方は、
ぜひこんな設計変更にもチャレンジしていただきたいところです。
加えて、ウォークインクロゼットや納戸など、収納スペースが充実している点にも注目!
壁いっぱいに広がる洋室(1)のウォークインクロゼットや、
来客用布団や羽毛布団などのかさばるアイテムもラクラク収納できる約2.2畳の納戸など、
使いやすさに加えて“スタイリッシュな空間作り”のことも考えた収納提案が行われています。


ちなみに、上の写真には写っていませんが、
洋室(1)のベッドの奥の部分にあるDENスペースが、
メイクができる鏡台や棚を設置した『ドレスルーム』としてアレンジされていて、
女性なら誰でも憧れてしまうようなお洒落な“メイクアップコーナー”となっています。

実際の『ドレスルーム』を見てみたいという方は、ぜひモデルルームでご確認を!

※間取りは無償メニュープランで対応できますが、写真にはモデルルーム特別仕様・オプション仕様等が含まれます。
また照明器具・家具調度品等は価格に含まれません。詳しくはマンションギャラリースタッフの方にお問い合わせください。

もうひとつのモデルルームはナチュラルテイストで

201611-DSC08329

201612--00000039 201612--00000019
▲一方、もうひとつ公開されているモデルルーム【Kタイプ】(メニュープラン)は、
4色の建具カラーの中から『モカホワイト』を採用。
女性好みのホワイトを基調としたコーディネートが行われています。
可動間仕切りを閉じたり、開いたりすることによって部屋数を自由に変更できるフレキシブルプランは、
今後子どもたちの成長に合わせてライフスタイルが変化しやすい子育てファミリーにオススメの間取りです。

※一部モデルルーム特別仕様となっています。/Kタイプはハーフモデルルームとなります。

20161200000159 20161200000116
▲ちなみに、マンションギャラリーの1階では、
4色の建具カラーをそれぞれ見比べることができるほか、
『ル・サンク守口』ならではの『E-label(えらべる)』システムについても展示されています。
この『E-label(えらべる)』システムの詳細については、また後日改めて
当レポート内でもご紹介いたしますのでどうぞお楽しみに!


================================================

いかがでしたか?

一般的なマンションギャラリーの場合、
“モデルルームは1タイプのみ公開”というところが多いのですが、
【ル・サンク守口】では、建具カラーや間取りが異なる2つのモデルルームが用意されているため、
それぞれの住空間をじっくりと比較検討できます。

見ごたえたっぷりのマンションギャラリーですから、前回のレポートでもご紹介したように、
ぜひ見学の際は2~3時間のゆとりをもって出かけることをオススメします。

ただし「時間がないけど、モデルルームを見てみたい」という方も大歓迎とのことですので、
お気軽に見学してみてはいかがでしょうか?

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP