• 分譲マンション
  • 浜松市南区
  • 遠州鉄道

住宅ライターの「ブライトタウン高塚駅前」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ブライトタウン高塚駅前 > 今月は2016年8月以来の低金利更新!固定か?変動か?住宅ローンの選び方を解説します。
2019年09月16日

今月は2016年8月以来の低金利更新!固定か?変動か?住宅ローンの選び方を解説します。

マンションという“一生に数度とない大きな買い物”を決断するとき、多くの方が住宅ローンを利用します。中には「しっかり貯金してきたので即金で払えます!」という方もいらっしゃるのですが、いまは『住宅ローン減税』や『住まい給付金(※1)』など、住宅ローンを利用することで節税効果が高くなる住宅税制が充実しているため、「あえてローンを借りて減税の恩恵を受ける」という人もいらっしゃいます。
※1:ただし、50歳以上の方は、住宅ローンを利用しなくても住まい給付金を受けることができます。

このあたりの住宅税制に関しては、また次回詳しくご紹介するとして、今回クローズアップするのは『住宅ローンの選び方』!実は今月、フラット35(長期固定)の金利がさらに引き下げられ、今や変動金利に近づくほどの勢いで“固定も変動も低金利”という状態が加速しています。そこで今回は《Cタイプ》を例に挙げて、住宅ローンのシミュレーションを行ってみましょう。

61.85㎡の2LDK、月々の返済額はなんと3万円台から(※2)


▲こちらが《Cタイプ》の間取り。専有面積61.85㎡の2LDKプランで『ウォークインクローク』『エクストラスペース』『シューズクローク』に加え『トランクルーム』まで、4つの大型収納が設置されている点がポイントです。

これだけの収納スペースがあれば、余計な収納家具が不要となるため室内を広く使えますし、LDと洋室(2)の間は『ウォールドア』で間仕切りされているため、ドアを開けば約19.4帖の大空間リビングのある1LDKとしても使えます。「今後ひょっとして家族構成が変化するかも?」というシングル・ディンクスにピッタリなプランですね!

==============================

では《Cタイプ》分譲価格2340万円のお部屋で住宅ローンをシミュレーションしてみましょう。まずは頭金300万円、ボーナス時加算を30%(10万円ぐらい)と想定した場合のシミュレーションがこちらです。

 


▲月々の返済額が、な、な、な、なんと3万7863円?????・・・すみません。実は筆者は普段首都圏でマンション取材をすることが多いのですが、3万円台という数字を見て動揺してしまいました(笑)首都圏では“ビッグターミナル駅の1駅隣”で“駅徒歩1分”という条件が整った新築物件が、この金額で購入できるケースはまずありません。
※2:静岡銀行/優遇金利0.625%、返済期間35年、ボーナス時加算30%、元利金等払いで試算したもの(一定要件を満たしている方の場合)。

実際に、これぐらいの数字であれば「今の賃貸物件の賃料と比較すると、むしろ住居費を抑えることができるかも?」と納得された方も多いのではないでしょうか?

==============================

次に、ボーナス時の加算を無くし、月々均等払いにした場合をシミュレーションしてみましょう。


▲こちらは月々が5万円台に。筆者個人的には「ボーナスはあくまでも“予備費”として考え、月々均等にして余裕があるときに繰り上げ返済をする」という方法をオススメしているのでこのプランも良いかと思いますが、この点は皆さんの給与体系や今後のライフプランによっても変わってきますから、ベストな返済計画を検討してみてください。
※静岡銀行/優遇金利0.625%、返済期間35年、ボーナス時加算なし、元利金等払いで試算したもの(一定要件を満たしている方の場合)。

==============================

つづいて、長期固定金利『フラット35』を利用した場合のシミュレーションはこちらです。


▲『フラット35』というのは変動金利と違って融資実行時の金利が変わることなく固定される住宅ローン商品のこと。昨年までは『変動金利』の優遇金利を利用したほうが圧倒的に返済額を抑えることができたので、変動を選ぶ方が多かったのですが、『フラット35』も先月から2016年8月以来の低金利を更新しつづけており、「固定か?変動か?」の選択が悩ましくなってきました。
※フラット35、2019年9月最多金利1.11%、返済期間35年、ボーナス時加算なし、元利金等払いで試算したもの(一定要件を満たしている方の場合)。

ちなみに、『変動金利』の場合は5年毎に返済額の見直しが行われるため、金利上昇局面に入った時は借換えの検討など金利の動きに対する注意が必要。逆に、そうした金利の動きを“常に意識するのが面倒だ”という方には『固定金利』のほうをオススメします。

==============================

いかがでしたか?今回は3タイプの住宅ローンシミュレーションをご紹介しましたが、他にも「頭金をもっと増やしたい」「頭金をゼロにしたい」「仕事で取引のある銀行のローンを使いたい」など、皆さんそれぞれの予算や事情、家計バランスにあわせて、返済プランを検討することが可能です。“最適な住宅ローンの選び方”については、マンションギャラリーでも詳しくアドバイスしてもらえますので、この機会に「今後自分の人生にかかるお金」とじっくり向き合いながら、住まいの購入費用を検討してみてはいかがでしょうか?

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP