• 分譲マンション
  • 静岡県浜松市中区
  • 遠州鉄道

住宅ライターの「ブライトタウン早出 ザ・テラス」取材レポート

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

そのうちTOP > ブライトタウン早出 ザ・テラス > なんと敷地内駐車場は全邸平面式で0円!24時間ゴミ出しOKのゴミステーションなど、注目の共用設備をクローズアップ!
2019年01月28日

なんと敷地内駐車場は全邸平面式で0円!24時間ゴミ出しOKのゴミステーションなど、注目の共用設備をクローズアップ!

先日、久々に【ブライトタウン早出ザ・テラス】の現地を訪れてみると、住棟が3階部分まで建ち上がっていました。この段階へ入ると、今後約1~2週間ごとにワンフロアずつ“上へ上へと成長”していきますから、マンション建設の醍醐味を感じる時期でもあります。

==============================

さて、着々と工事が進捗している【ブライトタウン早出ザ・テラス】ですが、今回ご紹介するのは充実の共用設備について。『敷地内平面式駐車場』や『ゴミステーション』をクローズアップします!
※以下、すべてブライトタウン早出ザ・テラス現地およびマンションギャラリーにて撮影・・・・・・2019年1月撮影。

これはスゴイ!全邸分駐車場を敷地内に平面式で用意、しかも使用料0円!

マンション購入を検討する場合、「マンションは一戸建てと違って駐車場代が余分にかかるからなぁ・・・」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

もちろん、一般的なマンションの場合、住宅ローン・管理費・修繕積立金とは別に“月々の駐車場使用料”が発生するケースがほとんどのため、駐車場代金も含めて住居費用の計算を行わなくてはいけないのですが、実は【ブライトタウン早出ザ・テラス】の場合は、駐車場使用料がなんと0円!しかも、敷地内にすべて平面式で全邸分の駐車場が用意されているのですから、これはスゴイことです(笑)

(余談ながら、筆者は住宅ライター歴20年、これまで取材したマンションは800物件を超えますが、過去に『駐車場0円+敷地内平面式』という恵まれた条件が揃った物件は、数えるほど(2~3物件?)だったと記憶しています)


▲【ブライトタウン早出ザ・テラス】では、キレイな整形の敷地を活用して敷地北側に平面式駐車場を完備。平面式なら、機械式駐車場のように出し入れの際の機械操作の煩わしさもありませんし、ラグジュアリーワゴンなどの大型車を停める場合にも車高制限を気にせず駐車できます。また“機械駐のようなメンテナンスコストがかからない”という点は管理費の経費削減につながりますから、これもうれしいポイントですね!


▲平面式駐車場にからめて、もうひとつ注目したいのは1階『専用庭&テラス&専用駐車場付き住戸』の存在。1階の専用駐車場付き住戸は全部で8タイプ(一部成約済み)ありますが、その専用駐車場もすべて0円で利用できるそうですから、これまたスゴイ(笑)


▲1階住戸の場合は、目の前の専用駐車場から直接我が家へ帰ることができるため、マンション内の移動距離も短くなります。特に、ベビーカーが必要な小さなお子さんがいらっしゃるご家庭や、高齢者の方の介護を想定しているご家庭の場合、この1階住戸の生活動線の快適さを実感できるのではないでしょうか?


▲ちなみに、1階住戸の目の前(敷地南側)は車通りの少ない静かな道路。向かい側には穏やかな低層の戸建てエリアが広がっています。“一戸建て感覚で暮らせるマンションを探していた”という方にオススメしたい住戸です。

“24時間ゴミ出しOK”はマンション生活ならではの特権!

ところで、“一戸建てでは叶えにくい、マンションならではのメリット”というとどんなものを思い浮かべますか?『高いフロアで暮らす見晴らしの良さ』『充実のセキュリティシステム』『耐震性を高めた頑丈な構造』『優れた断熱性能』などを連想する方が多いと思いますが、実は『ゴミ出しの快適さ』も見逃せないポイントのひとつです。


▲【ブライトタウン早出ザ・テラス】では、建物内に『24時間ゴミ出しOKのゴミステーション』を設置。一戸建て住宅の場合だと、町内の指定日&指定時間に合わせてゴミ出しをしなくてはいけませんが、ゴミステーションがあれば自分が思い立ったときにいつでもゴミ出しできるので、たまったゴミを指定日まで自宅で保管しておく必要がなく、清潔でスッキリした室内空間を常にキープできます。
※ただし、粗大ゴミ等一部日時が定められているものもあります。ゴミ出しは管理組合のルールに従ってください。

また、せっかくゴミステーションが設けられていても、“建物の外にゴミステーションがあるのでゴミ出しが面倒”という物件も少なくないのですが、【ブライトタウン早出ザ・テラス】では、1階共用廊下やエントランスホールから直接ゴミステーションに出入りできる設計になっているため、雨の日でも傘は不要。真冬の寒い日でも億劫になることなくスムーズにゴミ出しができそうです(笑)

==============================

いかがでしたか?室内の設備・仕様も要チェックですが、室内設備と違ってこうしたマンション居住者みんなで使用する共用設備というのは、管理組合での承認がおりない限り“今後大きく変えることができない設備”となりますから、「どのような設備が揃っているか?」「使いやすく設計されているか?」は大切なチェックポイントとなります。

ぜひその他の共用設備に関しても、マンションギャラリーを訪れて内容をしっかり確認してみてくださいね!

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP