• 分譲マンション
  • 静岡県浜松市東区
  • 遠州鉄道

住宅ライターの「ブライトタウン小池」取材レポート

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

そのうちTOP > ブライトタウン小池 > 現地建物内で公開中、東南角住戸《Eタイプ》モデルルームの見どころを解説します!
2018年06月29日

現地建物内で公開中、東南角住戸《Eタイプ》モデルルームの見どころを解説します!

6月16日から現地建物内にグランドオープンした
《Eタイプ》モデルルーム、皆さんはもうご覧になりましたか?

東南角住戸という恵まれた条件に加え、
子育てファミリーもゆったり暮らせる75.79㎡の広々プラン。

モデルルームならではの多彩な空間提案には、
住まい選びがますます楽しくなりそうなアイデアがいっぱいです。

そこで今回のレポートでは
《Eタイプ》モデルルームを見学したら、
ぜひ皆さんに注目していただきたい見どころを3つ
住宅ライターの目線で解説します!
※以下すべて、現地建物内Eタイプモデルルーム・・・・・・2018年6月撮影。


▲こちらが《Eタイプ》の基本プラン。
専有面積75.79㎡の3LDK+ウォークインクローク+エクストラスペースですが、
モデルルームでは和室・押入れ部分をDENとウォークスルークロークに変更し、
収納力と動線効率をよりアップしたプランになっています。

見どころ【その1】角住戸ならではの特権スペース

 
▲モデルルームに到着して、まず最初に
「おお~!」と感嘆の声を挙げたくなるのがこちらの玄関スペース。
角住戸ならではの特権とも言える
5.84㎡の『門扉付きポーチ』が玄関前に設置されているので、
「ここからが我が家」というプライベートの領域が明確になっています。
ポーチにはトランクルームも付いていますから、
お部屋の中では保管しにくいキャンプ用品などのアウトドアグッズはここへ収納可能!
このポーチの存在が“住み心地の良さ”を実感させてくれそうです。

※ポーチ部分は『共用部』となるため、管理組合のルールに基づいた使用が義務付けられます。

 
▲ちなみに、室内へ一歩入ってみると、
随所に木の温もりを感じる“オトナのための住空間”が広がります。
(天井にも木目を使っている点は珍しいですね!)
スツール付きの玄関収納など「隠れた設備」も満載ですから、
モデルルーム内ではひとつひとつ扉を開けて、その工夫を確認しましょう(笑)



▲実際にいろいろな扉を開けてみると隠れた収納がいっぱい。
「欲しいところに手が届く」こまやか設計も要チェックです!

※左から:キッチンカウンター下収納/洗面室リネン庫/ダイニング物入れ。

見どころ【その2】モデルルームならではの空間提案

 
▲こちらはリビング・ダイニング・キッチン
さすが、約16.4帖という広さの『横長リビング』は、
大きな家具を置いても空間のゆとりが感じられます。


 
▲中でも、モデルルームならではの空間提案として
実にユニークなのは、こちらの『DEN』+『ウォークスルークローク』。
リビングからDEN(書斎)へ、DENからクロークへ、そしてその先には・・・



▲奥様の“趣味の部屋”としてコーディネートされた
洋室(2)が広がっています。
こんな風に、各居室を通り抜けることができる
“ウォークスルー”の設計は、住まいのワクワク感を演出するだけでなく、
生活動線を分散させることによって、
快適な住まいづくりにつながります。


 
▲生活動線の分散といえば、水まわりの設計にも注目!
この《Eタイプ》の場合は、
キッチンから洗面・浴室へ、洗面・浴室から廊下へ・・・と
ぐるりと通り抜けできる2WAY動線が導入されているのです。



▲平日朝のお出かけ時間帯は、
どうしても家族の身支度のタイミングが重なりがち。
でも、こうして動線を分散させることによって、
“渋滞”しがちな水まわりスペースを快適に使うことができます。
暮らしやすさに配慮された『機能的な設計』も
じっくりチェックしてみてくださいね!

見どころ【その3】こだわりのコーディネート


▲実は今回筆者が《Eタイプ》モデルルームを見学して、
「これはおもしろい!」と感じたのは、
とにかくいろいろな種類のクロスが使われていたこと。
最近の住まいのトレンドとして
壁の一面にデザイン性の高い壁紙を使う『アクセントクロス』が人気ですが、
そのアクセントクロスを実際の空間で確認できるのです。

※写真はモデルルームのほか、1階各住戸で内覧できるクロスの仕様です。


▲こちらは『パープル』でコーディネートされた主寝室!
こうした大胆なアクセントクロス使いというのは実は上級者向けで、
なかなかカタログのサンプルだけでは仕上がりを予想しにくいのですが、
モデルルームで実際の空間を確認することができれば、
インテリア作りの参考になりそうですね!


ちなみに、こちらのアクセントクロスについては、
12月に開催予定の『入居説明会&インテリア相談会』の時に
コーディネーターさんに相談することもできるのだとか!

この《Eタイプ》モデルルームを参考にして
『自分の理想の住まいづくり』を叶えてみてはいかがでしょうか?
※アクセントクロスのオーダーについては一部有償となります。詳しくは販売スタッフの方に確認を!

============================

いかがでしたか?

『マンション』というのは、
大切な住まいであると同時に大きな資産でもありますから、
その大きな資産を得る前に、
「実際の空間で建物や室内の様子を確認できる」
というのはとても大切な機会です。

今回ご紹介した見どころの他にも、
●現地に降り立ったときの第一印象、周辺の街並みの穏やかさ
●室内に入ったときの広さの感覚、建具に触れたときの素材のやさしい質感

などなど、リアルな住空間で暮らしのイメージを膨らませながら、
あなたにとっての「運命の一邸」を見つけてみてくださいね!

■ブライトタウン小池 現地建物内モデルルーム公開中
所在地/〒435-0056 浜松市東区小池町1564-1 ブライトタウン小池102号室
営業時間/10:00~17:00
定休日/火曜日・水曜日
お問い合わせ/0120-773-306
※モデルルーム見学の際には事前に予約を入れておくとスムーズです。

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士/取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP