• 分譲マンション
  • 静岡県浜松市東区
  • 遠州鉄道

住宅ライターの「ブライトタウン小池」取材レポート

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

そのうちTOP > ブライトタウン小池 > 明日6月16日(土)から、現地建物内モデルルームグランドオープンです!
2018年06月15日

明日6月16日(土)から、現地建物内モデルルームグランドオープンです!

来年2月の建物竣工が予定されている【ブライトタウン小池】ですが、
先日久々に取材で現地を訪れたら、エントランスホールの内装が完成し、
美しい住空間を実際に確認することができました。
(現地がまだ更地の段階から取材を続けていましたから、筆者としては感無量です!)

明日6月16日(土)からは、『建物内モデルルーム』がいよいよグランドオープン!

そこで今回のレポートでは、グランドオープンに一足先駆けて、
【ブライトタウン小池】現地建物内の様子を写真でご紹介します!
※以下すべて、ブライトタウン小池現地にて撮影・・・・・・2018年6月撮影。

設計担当の武田先生がこだわった「アートな空間」
「ここへ帰宅すること」を誇りに感じられそうな美しい住まい


▲最寄り駅である遠鉄『自動車学校前』駅を降りて少し歩くと、
すぐに目に飛び込んでくる【ブライトタウン小池】の外観。
まだ建物には工事用の幕がかかっているため外観タイルの色目などは確認できませんが、
周辺の街並みの中でもひときわ高くそびえる建物からは、すでに“迫力のオーラ”が漂っています。




 
▲エントランスの前に立つと、一部の外観マテリアルを確認できました。
以前のインタビューで、設計を担当した武田先生(株式会社アートブレーンアソシエーツ代表)が、
「東京都心のハイグレードマンションにも負けないぐらいの、
豊かな感性を持つパワーカップルが満足して暮らせる“アートなマンション”を創りたい」
とおっしゃっていた通り、一般的なマンションではなかなかお目にかかることのないゴージャスな素材感!
これは早く“全景”を確認したくなりますね(笑)
武田先生がこだわった「ストライプライン」の照明もとてもステキです。


エントランスのオートロックを解除し、建物の奥へと進んでいくと・・・・・・

 
▲うわぁ~!!!!!「マンション」というより「デザインホテルのラウンジ」という感じ!


▲現在はまだ竣工前のためガラス面に養生シートが貼られていますが、
竣工後にシートが外れると、クリアガラスの向こう側に街の様子が映し出されます。
逆に、外を歩く人たちからも、この美しいラウンジ空間の様子を確認できるようになりますから、
地元では「ホテルみたいにお洒落なマンションができた!」と話題を集めそうですね(笑)



▲・・・う~む。この空間完成度の高さには、筆者も撮影しながらついうっとりと見とれてしまいました♪
インテリアのテーマは『Highend Natural(ハイエンドナチュラル)』。
モダンデザインながらも、モノトーンの冷たい印象ではなく、
ナチュラルな色味を差し色に加えることで、どこか優しげな表情を創り出しています。
ちょっとした来客や仕事関係者が来訪したときは、わざわざ部屋の中まで招き入れなくても
ここを打ち合わせスペースとして使うことができますよ!

明日16日からは、建物内1階フロアの全住戸を内覧可能!


▲ちなみに、明日16日土曜日からは『建物内モデルルーム』がグランドオープンしますが、
実際に内覧できるのはモデルルームだけでなく、
販売センターとして使用されているこちらの横長リビング《Bタイプ》や・・・


 
▲ウォールドア付きで間取りの可変性を高めたディンクス・プレファミリー向けの《Cタイプ》

 
▲書斎として使えるDENがあり、SOHOスタイルのシングルの方や
バリバリ働くパワーカップルにもオススメの《Dタイプ》
など、
1階にある各住戸の内覧・空間確認が可能となっています!



▲そして、こちらは建物内モデルルームの東南角住戸《Eタイプ》です。
早速見どころについてご紹介したいところではありますが、その詳細はまた次回のレポートで!
待ちきれない方は、ぜひ明日からグランドオープンする『建物内モデルルーム』を
じっくりと見学してみてくださいね(笑)


■2018年6月16日土曜日より建物内モデルルームグランドオープン
所在地/〒435-0056 浜松市東区小池町1564-1 ブライトタウン小池102号室
営業時間/10:00~17:00
定休日/火曜日・水曜日
お問い合わせ/0120-773-306
※モデルルーム見学の際には事前に予約を入れておくとスムーズです。

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士/取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP