• 兵庫県神戸市西区
  • パナソニック ホームズ

住宅ライターの「ブーケガーデン西神南」取材レポート

河西 美穂

住宅ライター
河西 美穂

そのうちTOP > ブーケガーデン西神南 > 「建売住宅はどれも同じ…?!」のイメージを覆す、こだわりの住まいに注目!
2019年07月26日

「建売住宅はどれも同じ…?!」のイメージを覆す、こだわりの住まいに注目!

『建売住宅』と聞くと、どんな住まいを思い浮かべますか?

機能的で価格も魅力的だけど、どれも同じような外観デザインで、間取りで、設えで・・・と
安心感はあるもののチョット画一的?な印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんね。

【ブーケガーデン西神南】で販売中の住宅は、その『建売』です。
でも、お客様からは「建売住宅だけど注文住宅みたい!」とも言われるのだとか。

そこで今回のレポートでは、パナソニックホームズの建売住宅が
どのような“こだわり”で造られた住まいなのかに注目してみたいと思います。

※TOP写真は、『こどもっと』モデルハウス11-11号地

各邸の計画に多くの時間をかけ、1邸1邸に想いを込めた建売住宅

私自身、現地を体感して思うのが、「1邸1邸それぞれに“個性”があるなぁ~」というコト。
外観・内観デザインや間取り、使用している素材や色味も、植栽の種類だって。
どれもが異なっていて、各邸それぞれが違った個性や魅力を持っているのです。

街並みとしての穏やかさは統一されているものの、バラエティ豊かな住まいなので
きっと、暮らし方や好みに合うお気に入りの1邸に巡り会えるような気がします。

そんな、ある意味“建売らしくない”住まいを提案するために、パナソニックホームズでは
設計・インテリア・営業担当での「コンセプトミーティング」「プラン打合せ」など
話し合いを重ね、建売住宅1邸ごとの計画にもかなりの時間を掛けるそうですよ。

 
▲過去の実績や入居後の住み心地アンケートデータ、そしてお客様の声を基にプランを作成。家族のふれあいを大切にでき、快適かつ心地よい暮らしが叶う家づくりを心掛けて設計するのが、同社の分譲設計センター。色付けや造作家具、間接照明など住まいの総合演出を考える技術部インテリアグループでは、お客様の声や営業の想い、設計のこだわりを最大に活かせるよう住まいの空間を創り上げていくんですって(左/分譲設計センター・岩田さん 右/分譲技術部インテリア課・黒木さん)。

 

こんな流れで。 ↓↓↓

例えば・・・女性ならではの目線で提案された「家事楽スタイル」

上の写真では同社の女性がコメントをされていますが、
「”女性ならではの視点”も活かされた住まいだな~」とも感じるのです。

例えば、キッチン。
お料理やお菓子づくりが楽しくなる、気分のアガる場所にしたいですし、
遊びに来たお友達に憧れられるような、見映えする空間づくりをしたいもの。
そのためには、日々の使い心地は当然のことながら、見た目も良くて
自分らしさを表現できる、”演出のし甲斐がある”キッチンだと嬉しいですよね!


▲例えば、『こどもっと』モデルハウス11-3号地のキッチンなら、ホワイトタイル貼りのキッチンカウンターはお洒落カフェみたいなので、好みのアイテムで彩って更に素敵にできそう。天井高いっぱいの大容量収納は、引き戸がニュアンスのあるくすみカラーでカワイイですし、キッチンから目の届くスタディカウンターが造り付られているのも良いと思いませんか??


▲こちらは11-7号地のキッチン。皆で囲めるアイランドスタイルで、周りをぐるりと回れて家事動線も良いですね。天井に木板が設えてあるのもナチュラル感たっぷりで洒落ています。


キッチンは女の城・・・なんて言われたりもしますが、
個人的には、「女性がキッチンに立ちましょう」の意味ではなく、
家の中でも“キモ”になる空間だから、ワタシに任せてね♪ワタシの意見尊重ね♪という感覚(笑)
そんな意味でも、女ゴコロを分かった設計は、住む人の期待に応えてくれると思いますよ。

また、先のレポートでご紹介したご入居者・ご購入者からの声にも
「建売住宅ですが、収納や居住スペース、設備などが充実していてとても快適です」とありましたが、
パナソニックホームズの建売住宅は、このような効率的な家事動線をはじめ
要望が多いと聞く『収納』を適材適所に設けるよう意識して設計されているのだとか。
その辺りも、ぜひ現地で体感してみてくださいね!!

家族のふれあいを大切にした設計や、表情豊かな住まい演出

家族時間を大切にする設計や、子育て世帯に嬉しい空間づくりも印象的です。

  
▲例えば・・・『こどもっと』モデルハウス11-3号地は、階段下を活用した“秘密基地”があるほか、2階ホールが子育て家族の楽しみが広がる多目的スペースになっています。同じく『こどもっと』モデルハウスの11-11号地なら、和室にマグネットボードを配して学びにも役立てられたり、お子さんのお片づけ習慣も応援する収納が造作されていたり。団欒空間にリビング学習にも嬉しいスタディカウンターが設けてあるなど実にさまざま!現地でいろいろ体感してみてくださいね。


 
▲住まいのテイストも多彩な【ブーケガーデン西神南】。「あたたかさを感じていただけるように」との想いから、木の質感を出す為に木のパネルを設けたり、アクセントにレンガを貼るなど美しい空間演出も見どころのひとつです(左:11-13号地、右:11-11号地)。


「日当たりの良さ、収納量、住まい心地・・・『良い家』でないと建てる意味がない」

そんな考えからつくられる建売住宅は、良い意味でイメージを裏切ってくれそうです。

注文住宅のような、と言えばよいでしょうか?
住む人のセンスを語ることができる、こだわりの建売住宅に注目してみてくださいね。

※掲載写真は2018年12月~2019年7月に撮影
河西 美穂

住宅ライター
河西 美穂

間取りマニアの住宅ライター。見知らぬ土地フェチで、はじめての街へ行って「ここに住むとしたら?」とリサーチするのが趣味、さまざまな家・土地に住んできた経験を生かし、生活者視点からレポートします。

PAGE TOP