• 兵庫県神戸市西区
  • パナソニック ホームズ

住宅ライターの「ブーケガーデン西神南」取材レポート

河西 美穂

住宅ライター
河西 美穂

そのうちTOP > ブーケガーデン西神南 > 休日は車で出かけよう①みきっこランド・ネスタリゾート神戸・淡路島公園などレジャースポット充実!
2019年04月13日

休日は車で出かけよう①みきっこランド・ネスタリゾート神戸・淡路島公園などレジャースポット充実!

春爛漫♪
お出かけが気持ち良い季節になりましたね。

最大10連休というゴールデンウィークも間近に迫っていますし、
今回と次回のレポートでは【ブーケガーデン西神南】から少し足を伸ばせば行ける
車で出かけたいレジャースポットをご紹介しましょう。

“平成最後の春”をご家族で満喫できるスポットばかりですので、
ぜひ休日の過ごし方の参考にして下さいね!

※TOP写真は兵庫県立淡路島公園

大きい子用・小さい子用の遊具エリアがあって安心!
のびのびと遊べる『みきっこランド(三木山総合公園)』

小さいお子さんをお持ちのファミリーにも是非お出かけ頂きたいのが、
三木市にある人気の遊び場、三木山総合公園、通称『みきっこランド』。


▲このような大型遊具が特長の広い公園です。この日は近隣の園児たちが来ていて、元気いっぱいに遊んでいました。
  


▲ピノキオ物語をテーマにしたという大型複合遊具は子ども達に大人気!可愛らしくカラフルで、見ているだけでも楽しさが伝わってきます♪大きな2基のローラーすべり台があったり、塔や吊り橋があったり。アスレチック気分でたくさん身体を動かせるのが良いですね。

▲「これはイイな~!」と思ったのが、別の場所に乳幼児用の遊具エリアがあること。小さいお子さんが大好きな砂場も二か所ありましたし、フェンスに囲まれていて安心。様子を見守る親御さん用に日よけの屋根があるのもスバラシイなと。

▲お子さん用だけでなく、大人用の健康遊具もあります。
同園には、体育館・屋内プール・テニスコート・野球場・陸上競技場などのスポーツ施設も充実しているのですが、子供プールやジャグジーもある屋内プールは、1回500円(7.8月は400円)で利用できるそうです。



【ブーケガーデン西神南】から車で30分もかからず、嬉しいことに駐車場も無料
駐車場から公園はすぐにアクセスできますし、
通路がキレイに整備されているのでベビーカーでの移動もスムーズ。
未就園のお子さんもめいっぱい楽しめる、子育てファミリーにオススメしたい公園です。

大自然の冒険テーマパーク『ネスタリゾート神戸』

同じくお隣の三木市には、話題のスポット『ネスタリゾート神戸』もあります。


▲三木市の豊かな自然を満喫できる2016年7月オープンのリゾート施設。

▲約230万m²という広大な敷地内には、スポーツエリアやアスレチック、話題のグランピングBBQエリアやホテル、プール、天然温泉などがあり、リゾート&エンターテインメントをさまざまに愉しめます。

▲ここでは、オフロードを走破するバギーライドやカヌー体験、フィッシングや農作物の収穫から調理までを楽しんだり、動物たちとの触れ合いなど…大自然の中で多彩なアクティビティにチャレンジできます。お子さんにも貴重な体験になりそうですね!


冬場の「ネスタイルミナ~光のさんぽみち~」で
イルミネーションスポットとしても知られる存在となった『ネスタリゾート神戸』。
入場料「大人2,980円/子供2,380円」で利用可能なアクティビティも複数ありますし、
1日たっぷりと時間をかけて、貴重な“自然体験”をしに出かけてみるのも良さそうです。

青い海の大パノラマを愉しむ、自然豊かなビッグスケールの公園
兵庫県立の都市公園『淡路島公園』

淡路島、と聞くと同じ県内でもちょっと遠い印象かもしれませんが、そんな事はありません!
「神戸淡路鳴門自動車道」を利用すれば
観光スポットとしても注目を集めている淡路島にも車で30分足らずで行けちゃいます。
淡路ハイウェイオアシスと一体化した兵庫県立『淡路島公園』も恰好のおでかけスポットです。

 
▲世界最長の吊り橋「明石海峡大橋」を渡って淡路島へGO!通行料もETCなら1000円ほど/淡路ハイウェイオアシスにて
 
▲メイン施設の「オアシス館」には、品揃え豊富な物産店やレストランなどがあり、観光の立ち寄りスポットとしても重宝されています。
 
▲大きなアトリウムがある「オアシス館」内で見つけたのが、無料のスープスタンド。蛇口をひねると淡路島特産の玉ねぎを使用した“淡路たまねぎスープ”が出てくるのです(笑)。さすが淡路島!スープも美味しかったー♪

▲園内はと言うと…一年中花や緑に包まれた「ハイウェイオアシスゾーン」、森林浴できる「森のゾーン」、遊具や水の遊び場がある「交流ゾーン」、公園を見渡せる展望デッキがある「草原と花のゾーン」の4つのゾーンに分かれています。
 
▲広すぎて全部を廻るのは大変(笑)。今回は「森のゾーン」で花や緑に癒されてきました!


淡路ハイウェイオアシスへは、神戸淡路鳴門自動車道の
淡路サービスエリア(上り・下りとも)から連絡道を通ってそのまま車で往復可能。
明石海峡大橋の迫力を目の当たりにし、淡路島の自然やグルメを楽しみに、
こんなにも気軽に車でお出かけできるのは嬉しいことだと思いませんか?


======================================


「車で30分ほど」のお出かけスポット3カ所、如何でしたでしょうか?
ご紹介したすべて、1日まるっと遊べる・楽しめる場所だと思います。
次回もそんな場所をピックアップしますね。どうぞお楽しみに!!

 

★★おまけの一枚★★


せっかくなので、道の駅「あわじ」にも立ち寄って明石海峡大橋を下から見上げてきました。
青い海を挟んだ対岸には神戸の街。改めてスゴイ吊り橋ですねー!大迫力っ!!

※掲載写真はすべて2019年3月撮影
河西 美穂

住宅ライター
河西 美穂

間取りマニアの住宅ライター。見知らぬ土地フェチで、はじめての街へ行って「ここに住むとしたら?」とリサーチするのが趣味、さまざまな家・土地に住んできた経験を生かし、生活者視点からレポートします。

この記事を読んだ方へのオススメレポート
PAGE TOP