• 分譲マンション
  • 神奈川県横須賀市
  • 日本土地建物・セコムホームライフ・JR西日本プロパティーズ・ファーストコーポレーション・三信住建

住宅ライターの「バウス横須賀中央」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > バウス横須賀中央 > 横須賀市民文化祭 担当者インタビュー【1】恒例の秋の文化イベントは今年で71回目!
2018年12月09日

横須賀市民文化祭 担当者インタビュー【1】恒例の秋の文化イベントは今年で71回目!

横須賀市内では、ほぼ週末ごとに多彩なイベントが開催されているので、「この週末はどのイベントへ出かけようかな?」と迷ってしまうほどですが、実は毎年10月上旬から11月下旬にかけて、『横須賀市民文化祭』という恒例行事が開催されていることをご存知でしたか?

実はこの行事、今年でなんと“71回目”とのことで、終戦直後から毎年伝統的に行われている“横須賀を代表する秋の文化行事”なのだとか。今年の『第71回横須賀市民文化祭』は盛況のうちに幕を閉じましたが、「いったいどんなイベントなのか?どんな楽しみ方があるのか?」について、横須賀市の担当者の方にお話をうかがってきました。
※横須賀市文化スポーツ観光部文化振興課の松田光晴さん(左)と宇野育美さん(右)/横須賀市文化会館・・・現地より約700m(2018年11月撮影)

【この記事のまとめ】

■毎年秋に開催される『横須賀市民文化祭』は今年で71回目を迎える伝統的文化行事
■ぜんぶで22行事を開催、それらを総称して『横須賀市民文化祭』と呼んでいる
■下は高校生から上は100歳代までが参加、世代の幅広さは“横須賀ならでは”の多様性

Q1:横須賀市民文化祭とはどんなイベントですか?

宇野さん「横須賀市では、現在『音楽』『スポーツ』『エンターテインメント』に重点を置きながら文化事業推進への取り組みを行っているのですが、この『横須賀市民文化祭』に関しては今年で71回目となる伝統行事で、横須賀の“文化振興の礎”となっているイベントです。

実は、ひとつの場所で、ひとつの行事を行っているのではなく、約2ヶ月に亘って横須賀市内の各地を会場としながら『市民将棋大会』や『市民俳句大会』など全部で22の行事を行っています。それらの行事を総称して『市民文化祭』と呼んでいるんです」

松田さん「これは『横須賀市民文化祭』の行事とは異なりますが、今年から文化事業推進のための新しい企画として『YIMA(ヨコスカイノベーションミュージックオーディション)2018』というオーディションイベントを開催しています。これは、音楽レーベル『ユニバーサルミュージック』との共同プロジェクトで、ジャンルを限定せずに若い音楽の才能を発掘しようと企画したものです(2018年夏にファイナルオーディション実施済み)。

また、今月もライブの予定がありますが、『YMM(ヨコスカ街なかミュージック)』では、横須賀ゆかりのミュージシャンの方々に演奏してもらって地元で音楽に触れ合う取り組みを行っています。『横須賀市民文化祭』のような伝統的行事に新しい企画をプラスすることで、若い世代の方にも文化事業への関心を持ってもらいたいと思っています」


▲『横須賀市民文化祭』の会場のひとつとなった『横須賀市文化会館』。

Q2:横須賀市民文化祭の見どころや楽しみ方について教えてください。

宇野さん「市民の方へ広く作品を募る『公募作品部門』には、洋画・日本画・写真の部門と短歌・俳句・川柳の部門があるのですが、今年は本当に力作揃いでした。⾼齢の⽅からの応募も多く、90代の方もいらっしゃったにことには驚かされましたね。

作品は基本的に応募者の皆様ご自身で会場へお持ち込みいただくことになりますから(もちろんご家族の協力もあってのこととは思うのですが)、作品をご自身で制作し、応募を決めて持ち込むまでの“高齢者の方のアクティブな様子”には、本当に感心してしまいます」

松田さん「ちなみに、若い世代では10代の高校生の方もいらっしゃいましたから、行政主催の伝統行事でありながら、こんな風に10代から100歳を超える方まで幅広い層が参加して楽しめるイベントというのは、多くの世代が暮らしている“横須賀ならでは”と言えると思います。

作品の中には、横須賀の風景や人物をテーマにしたものも多いのですが、皆さまの作品を眺めていると、改めて“横須賀の街並みってステキだな”とか、“地元の人たちの暮らしぶりっていいな”と感じることもあります。また、絵画から写真、川柳までが一堂に会す展覧会というのは珍しいと思いますので、まさしく“文化祭”という感じで、世代・ジャンルを問わずお楽しみいただける点が見どころと言えるのではないでしょうか?」


▲こちらは洋画部門の入賞作品。みなさんアマチュアの方だそうですが、レベルの高さが窺える迫力の作品がズラリ。“作品を発表する場所がある”と思うと創作意欲にもつながり、趣味の幅もどんどん広がりそうですね!

 
▲特に団体等に所属していなくても個人で参加できるそうですから“我こそは!”と思う方は、来年の『横須賀市民文化祭』にチャレンジしてみては?応募方法については、行政関連施設等でチラシが配布されているそうです。

============================================

さて、次回は『横須賀市民文化祭』と【バウス横須賀中央】のコラボレーション企画?!建設中の現地で楽しめる横須賀市民文化祭の“合同展示展”『仮囲いアートイベント』についてご紹介します。どうぞお楽しみに!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP