• 分譲マンション
  • 神奈川県横須賀市
  • 日本土地建物・セコムホームライフ・JR西日本プロパティーズ・ファーストコーポレーション・三信住建

住宅ライターの「バウス横須賀中央」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > バウス横須賀中央 > 横須賀ならではのアクティビティ【4】標高133mの塚山公園へハイキング、晩秋の横須賀を一望!
2018年11月27日

横須賀ならではのアクティビティ【4】標高133mの塚山公園へハイキング、晩秋の横須賀を一望!

地元・横須賀中央にお住まいの方に「横須賀の魅力は?」とたずねると、皆さん口をそろえておっしゃるのが「海にも、山にも、自然に近いからいつでも気楽に出かけられる」ということ。

たしかに先日のレポートでもご紹介した通り、無料で海釣りが楽しめる『海辺つり公園』がマンションから車で約10分の場所にありますし、上級ロッククライマーがトレーニングを行うというロッククライミングスポット『鷹取山公園』もすぐ近くにあります。

そして、今回ご紹介するのは、真冬が訪れる前の今の季節のお出かけにぴったり!晩秋の横須賀の街を天空から一望できる県立『塚山公園』で、“横須賀ならではのハイキング”を体験してみました。
※以下すべて塚山公園・・・・・・現地より約3.3km/2018年11月撮影。

【この記事のまとめ】

■バウス横須賀中央から約3.3km、県立塚山公園は1912年(明治45年)に開園した歴史ある公園
■春は桜の名所としてもお馴染み、毎年『三浦按針祭観桜祭』を開催
■見晴台からは横須賀湾や横須賀中央市街を一望
■周辺には駐車場がなく急な坂道が続くので“運動靴+軽装”で来園を

明治時代に開園した歴史ある公園『塚山公園』

この『塚山公園』は、もともと江戸時代初期に徳川家康の外交顧問を務めた三浦按針ことウィリアム・アダムスと、その妻であるお雪の供養塔一帯を公園として整備したもので、開園したのはなんと1912年(明治45年)のこと。

現在は『かながわ景勝50選』『かながわ花の名所100選』にも選ばれた横須賀の景勝地のひとつとして、地元のひとたちに親しまれています。


▲人の手をあれこれ加えて整備した公園ではなく、横須賀の自然の姿をそのまま残している点も『塚山公園』の魅力。

最寄り駅は京急『安針塚』駅ですが、駅からは徒歩20分の距離。公園のまわりには駐車場がないのでアクセス手段は徒歩のみ。ずっとこんな風に坂道が続いていますから、“歩きやすい運動靴+軽装”で訪れるのはマストです(笑)

 
▲公園の入口に到着すると、最初に出迎えてくれたのは園内の桜を紹介する看板でした。ここ『塚山公園』は横須賀を代表する桜の名所として知られていて、毎年春の桜のシーズンになると『三浦按針祭観桜祭』が開催されます。


▲こちらが公園の中腹に広がる『さくら谷』。山の斜面に沿ってたくさんの桜が枝を広げています。今の季節は寂しげな枯れ木の状態ですが、この桜たちが一斉に満開を迎えた様子は圧巻の美しさでしょうね!

急な坂道が続く『塚山公園』までのハイキングコース
頂上の見晴台に到着する頃には心地良い筋肉痛と達成感が!

そして、『さくらの谷』を越えてからが『塚山公園』ハイキングの醍醐味!『さくらの谷』に到着した時点ですでに足腰に筋肉痛を感じるものの(笑)、さらに階段の上にある“園内で最も標高の高い『見晴台』”を目指して歩きます。


▲「何段上るんだろう?」と一瞬怯みますが、大丈夫(笑)


▲階段を上りながら後ろを振り返ると、この絶景に感動!


▲やった~!到着!『見晴台』からの眺望は、心地良い筋肉痛とともにものすごい達成感を感じさせてくれます(笑)

 
▲ベンチに座って横須賀湾を一望!しかし、こんな急斜面に設置されたベンチってあまり見かけませんよね(笑)?


▲建設中の【バウス横須賀中央】の現地も肉眼で確認できました!手前に広がる枝はすべて桜の木ですから、春には“満開の桜に浮かぶバウス横須賀中央”を眺めることができそうです(これは是非また春に訪れてみたい)。

澄んだ空気の中で過ごす穏やかな時間、気持ちのリセットにもぴったり

春の桜の風景を思い浮かべながら晩秋の山々を眺めるハイキング・・・なんとも贅沢な自然の風景で、澄んだ空気のなか穏やかな時間を過ごすことができました。これから師走に入り何かと気ぜわしくなりますが、ちょっと一息、慌しさをリセットするために、週末の“塚山公園ハイキング”を楽しんでみてはいかがでしょうか?

■塚山公園
住所/横須賀市西逸見町・山中町・長浦町一帯
アクセス/京急『安針塚』駅から徒歩約20分、京急『逸見』駅から徒歩約25分

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP