• 分譲マンション
  • 神奈川県横須賀市
  • 日本土地建物・セコムホームライフ・JR西日本プロパティーズ・ファーストコーポレーション・三信住建

住宅ライターの「バウス横須賀中央」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > バウス横須賀中央 > 横須賀ならではのアクティビティ【1】観音崎京急ホテルで話題の『グランピング』を体験!
2018年09月30日

横須賀ならではのアクティビティ【1】観音崎京急ホテルで話題の『グランピング』を体験!

『グランピング』という言葉がお馴染みになったのは昨年あたりからだったでしょうか?

『グラマラス(魅力的な)』と『キャンピング(キャンプ)』を組み合わせた造語で、
いわゆる“アウトドアキャンプ”とは違って、自分で道具の用意をしたりテントを張ったりする必要はなく、
ホテル仕様の豪華設備の中でアウトドア体験ができるお洒落なキャンプスタイルが、いま人気を集めています。

この『グランピング』施設は全国各地に広がっていますが、実はここ横須賀では、
全国的にも珍しい“海辺のグランピング”が楽しめるスポットが話題になっているのです。

それが『観音崎京急ホテル』にある『snow peak glamping 京急観音崎』です!
※以下snow peak glamping 京急観音崎(観音崎京急ホテル)・・・現地より車で約15分(約7.3km)/2018年9月撮影(一部施設提供写真使用)。

目覚めると、すぐ目の前に海辺の風景が広がる非日常感がたまらない
ヨットから大型客船まで、いろいろな船が航行する東京湾を一望!



 
▲『観音崎京急ホテル』の中にグランピング施設が誕生したのは、まだ“グランピングブーム”が起こる前の昨年6月。
もともとガーデンチャペルとして使用していた海沿いの芝生広場を“何かに活用できないか?”とのことで、
いち早く『グランピング』に着目したことがオープンのきっかけだったのだとか。




  
▲「実は、最初は“グランピングっていうものがあるらしいよ?”というところからスタートしたのですが、
僕自身も研究を重ねるうちに“ここはグランピングには最高のロケーションだな”と実感するようになりました」
と、館内を案内してくださったのは、観音崎京急ホテルの料理部兼営業部支配人を務める遠藤竜也さん。
ここ『snow peak glamping 京急観音崎』の仕掛け人でもあります。


『snow peak glamping 京急観音崎』が話題を集める理由は、珍しい“海辺のグランピング”という立地に加えて、
アウトドアブランド『Snow Peak(スノーピーク)』とコラボレーションしたグランピング施設であること。

宿泊棟として採用されているのは、隈研吾さんが設計した話題のモバイルハウス『住箱(じゅうばこ)』で、
テントが広がるテラス席では、三浦半島の食材にこだわったバーベキューも楽しめるプランになっています。



 
▲「住箱の中にはエアコンも設置していますから、季節を問わず快適にグランピングをお楽しみいただけます。
ご滞在中は、隣にある温浴施設『SPASSO』をフリーパスでご利用いただけますし、
トイレ等はホテルの館内施設をお使いいただくことになります。
お客様は、小さなお子様連れのファミリーから、カップル、年配のご夫婦まで実に幅広い層で、
みなさん“こんなに近くで非日常感が味わえて良かった”とおっしゃる方が多いですね。
東京都心からはクルマで1時間程度で到着しますし、『横須賀中央』駅からも近い場所にありますから、
その点も気軽にご利用いただきやすい理由になっていると思います」(遠藤さん談)



▲なんといっても素晴らしいのは、この『住箱』の窓からの眺め!!!!!
朝目覚めると、すぐそこに海辺が・・・ピクチャーウィンドウから眺める美しい風景に思わずうっとり。



▲「ちょうど目の前は東京湾で、船舶の航路になっています。
一般的に海辺の眺望というと“ただ水平線を眺めているだけ”という場所も多いのですが、
ここでは、小型ヨットから巨大な軍艦、貨物船、豪華客船まで、いろいろな船の“動き”が楽しめますから、
この点も横須賀ならではのロケーションの魅力だと思います」(遠藤さん談)


上の写真では少々わかりにくいのですが、この日もすぐ目の前をたくさんの船が行き交い、
彼方には横浜・川崎・東京・木更津方面まで東京湾をぐるりと一望することができました。
確かに、この“非日常感”はたまりませんね(笑)

 
▲隣接するアジアンリゾート風の温浴施設『SPASSO』に自由に出入りできるというのも嬉しいところ。
通常利用料の1900円(平日は1500円)が無料になり、滞在中はフリーで利用できます!



 
▲夕食(バーベキューディナー)も朝食(ホットサンドセット)もプランの中に含まれていて、
食材はホテルのフレンチレストランから運ばれてきます。
中には、自分で材料を持ち込んでドレッシングを作ったりと、ここで調理を楽しむ方もいらっしゃるそう。
ホテルステイとは一味違う自由な時間を満喫できるのも、グランピングならではの楽しみ方です。


============================

いかがでしたか?
自宅マンションから“クルマでわずか15分”の距離で、こんなステキなグランピング体験ができるとは・・・
多忙な毎日を送る中で、心身をリフレッシュできるアクティビティとしてもぴったりですね!

遠藤さんによると、利用客が増えるハイシーズンはやはり夏場だそうですが、
グランピングのベストシーズンとしては、実は9月~11月なのだとか。
「おかげさまで週末は満室となっていますが、平日なら比較的予約が取りやすい状況です」とのことですから、
今度の有給を使って『snow peak glamping 京急観音崎』の非日常的空間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

■snow peak glamping 京急観音崎
住所/神奈川県横須賀市走水2丁目 観音崎京急ホテル内
電話/046-841-2525
宿泊料金(1室2名・1泊2食付)
5万円~(日~木曜日)、5万9000円~(金・土・休前日)、8万円~(ハイシーズン)

※2018年9月取材時の情報です。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP