• 分譲マンション
  • 神奈川県横須賀市
  • 日本土地建物・セコムホームライフ・JR西日本プロパティーズ・ファーストコーポレーション・三信住建

住宅ライターの「バウス横須賀中央」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > バウス横須賀中央 > 毎週第3日曜日は『三浦半島食彩マーケット』で地元の豊かな食文化を楽しもう!
2018年09月21日

毎週第3日曜日は『三浦半島食彩マーケット』で地元の豊かな食文化を楽しもう!

『敬老の日』の三連休のなか日となった9月16日日曜日、【バウス横須賀中央】の現地周辺を散策していると、
なにやら賑やかな音楽のリズムと美味しそうな香りが風にのって漂ってきました。
※三浦半島食彩マーケットの様子・・・・・・現地より徒歩2分(約100m)/2018年9月16日撮影。

 


▲香りに引き寄せられるようにして進んでみると・・・
どうやら1ブロックお隣の『リドレ横須賀』前が歩行者天国になり、イベントが開催されているようです。

※上2点:現地周辺の街並み、以降すべて三浦半島食彩マーケットの様子・・・・・・現地より徒歩2分(約100m)/2018年9月16日撮影。



 
▲この日開催されていたのは、毎週第3土曜日の恒例イベントとなっている『三浦半島食彩マーケット』。
この日のテーマは『よこすかパンまつり』ということで、人気ベーカリーが大集合していました!


地元の豊かな食文化を“もっと地元の人たちにも楽しんでもらいたい”と2年前からスタートしたイベントで、
横須賀を中心に、地元の人気グルメ店や、三浦半島の野菜農家、漁師の皆さんたちがブースを出店。
定期開催を希望する声に応えて、現在は毎月“第3日曜日”の月イチ開催となったのだとか。

  

 
▲ベーグルや惣菜パン、アニメのキャラクターパンをはじめ、ホットドッグやサンドイッチなど
美味しそうなパンがいっぱい!ちょうどお昼時ということもあってどのテント前にも行列が!
中にはスタートから1時間足らずで完売となってしまい、すでにガランとしているブースもありました。


 
▲パン以外にも、地元で採れた珍しい野菜を販売するお店や、パンとの相性抜群のはちみつのお店などがあり、
改めて“地元食材の恵み”を実感!よくよく考えたら、海も山もすぐ近くにあるから食が豊かなんですね!
地産地消をごく当たり前のように日常生活で実践できるとは・・・何とも贅沢な暮らしです。
(ちなみに、右の写真は近頃人気のカボチャ・バターナッツ。こちらも地元農家さん直送の野菜でした)




 
▲焼き鳥やクラフトビールのお店も並んでいたので、ママや子どもたちだけでなくパパも大満足(笑)
筆者も早速『県立大学』駅前にある人気ベーカリー『soil』の看板商品
『季節野菜のピゼッタ』と『横須賀ビール』を合わせてこの日のランチをいただきました。
いつも歩き慣れた道が“青空レストラン”に。普段とはまた違った風景が楽しく感じられます。

魚介だけでなく野菜も美味しい三浦半島ならではの食のイベントが充実!
明日9月22日・23日も『パン祭り』が開催されます!

いかがでしたか?イベントの賑わいが写真からも伝わったでしょうか(笑)?

市役所前公園で行われた沖縄のイベントを取材した前回のレポートもそうでしたが、
今回『三浦半島食彩マーケット』を訪れて改めて感じたのは、
【バウス横須賀中央】のように街の中心部で生活していると、わざわざ自分たちが他の場所へ出かけなくても
「すぐご近所まで“いろいろな楽しいイベント”がやってきてくれる」ということ。

そして、「魚介だけでなく野菜も美味しい“豊かな食文化を持つ三浦半島だからこそ”
こうした食のイベントも充実していて、身近に楽しむことができる」ということ。

子育て中のファミリーの方にとっては、地元の食のイベントに参加することで『食育』にもつながりますし、
夫婦でバリバリ仕事をしているキャリアカップルや、子どもたちの独立を見送ったシニアカップルにとっても、
こうしたイベントに参加する時間はとても刺激的で、いつもワクワクできる住環境となるのではないでしょうか?


▲ちなみに、今週末もご近所でイベントの開催が予定されています。今度は『よこすかドブ板パン祭り』。
会場は『ドブ板通りイベント広場』とのことですから、『よこすかパンまつり』を食べ逃した皆さん!!
22日~23日の『パン祭り』で、地元の人気ベーカリーの味を食べ比べてみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP