• 分譲マンション
  • 神奈川県横須賀市
  • 日本土地建物・セコムホームライフ・JR西日本プロパティーズ・ファーストコーポレーション・三信住建

住宅ライターの「バウス横須賀中央」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > バウス横須賀中央 > 夕暮れの絶景スポット『馬堀海岸』はジョギングコースにぴったり!
2018年09月24日

夕暮れの絶景スポット『馬堀海岸』はジョギングコースにぴったり!

夏の暑さもようやく落ち着きを見せ、カラダを動かすことが気持ち良い季節になりましたね!
海にも山にも近いここ『横須賀』には、気軽に楽しめる様々なアクティビティが揃っているのですが、
今回のレポートでは地元の方たちの間でジョギングコースとしてもお馴染みの
『夕暮れの馬堀海岸』の様子をご紹介します。
※以下すべて馬堀海岸の様子・・・・・・現地より約4.0km/2018年9月撮影。

今回目指したのは、市民プールも人気の『馬堀海岸公園』の海岸沿い

【バウス横須賀中央】から『馬掘海岸』までは、『よこすか海岸通り』をまっすぐ進むと約4km。
往復8kmというのはスローペースのジョギングでちょうど1時間ぐらいですから、
これからの季節は“食欲の秋太り対策”のダイエットジョギングコースにもぴったりです!

 
▲ちなみに、今回筆者が目指したのはこちらの『馬掘海岸公園』。撮影日はまだ暑さが残っていたため、
公園内の『まぼりプール』では地元の子どもたちの姿がたくさん見られました。
ちなみに、以前のレポート(『横須賀中央』駅前から路線バスで気軽にお出かけ、夏のビーチリゾート『観音崎海水浴場』へ!)でもご紹介した『横須賀中央』駅前発『観音崎』行きのバスに乗ると
途中で『馬掘海岸』バス停がありますから、バスを使って訪れることも可能です。




 
▲時刻は17:00過ぎ。ゆっくりと陽が傾きはじめるなか、海岸沿いには猿島を眺めながら海釣りを楽しむ人、
ウォーキングをしながらおしゃべりするご夫婦、ベンチに座り海を眺めるカップル、そして、
ランニングウォッチを片手に真剣に走りこむジョガーの皆さんなど、思い思いの夕暮れ時を過ごす人たちが。
しかし・・・このヤシの並木道が続く美しい夕暮れの海岸が日常生活の一部になるというのは、
なんとも贅沢な“横須賀ならではの自慢の風景”ですよね!




 
▲この日の日没時刻の18:00が近づいてくると、あたり一帯が黄金色に包まれてきました!
筆者が撮影をしていると、ウォーキングで通りかかったご夫婦が「ここの夕暮れもキレイだけど、
せっかくなら走水のほうまでいくと高台からキレイな写真が撮れるわよ」と教えてくださったので移動することに。



▲おおおおおおおおお!確かに、これは絶景です!
この場所は『馬堀海岸』から少し坂を上ったところにある走水の『破崎緑地展望台』展望デッキ。
地元では“夕富士”の有名スポットで、この日も夕暮れの富士山を撮影しようと多くの人たちが集まっていました。

※破崎緑地展望台・・・・・・現地より約6.0km/2018年9月撮影。


▲あいにく、日没時間に雲が出てきてしまったため“夕日と富士山”のゴールデンコンビは撮影できませんでしたが、
18:00の日没後、雲の向こう側にうっすらと浮かび上がる富士山の姿を確認することができました!
こんな風に、毎日変化する夕暮れの風景を楽しみに過ごせるのも『馬堀海岸ジョギング』の醍醐味と言えそうです。




 
▲美しいマジックアワーを満喫した後は、再び『よこすか海岸通り』沿いを走って一路我が家へ。
前方に輝く『横須賀中央』駅周辺の街の灯かりを目指しながら海岸線を走るのも、また気持ち良い時間です。


いかがでしたか?コンクリートやビルに囲まれた大都会の摩天楼ではなく、
「自然が創りだす美しい風景」に囲まれた暮らしは、きっと心のやすらぎや充足感を育んでくれるに違いありません。
こんな美しい風景をジョギングコースにできる【バウス横須賀中央】での暮らし、新生活スタートが楽しみですね!


▲こちらはとても静かな夜の現地風景。2020年2月の竣工を目指し、工事も着々と進んでいるようです。
※バウス横須賀中央現地の様子・・・・・・2018年9月撮影。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP