• 分譲マンション
  • 神奈川県横須賀市
  • 日本土地建物・セコムホームライフ・JR西日本プロパティーズ・ファーストコーポレーション・三信住建

住宅ライターの「バウス横須賀中央」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > バウス横須賀中央 > 諏訪小学校へ徒歩4分、常葉中学校へ徒歩4分、『育住近接』の住環境!
2018年08月31日

諏訪小学校へ徒歩4分、常葉中学校へ徒歩4分、『育住近接』の住環境!

マンション購入を検討するとき、これから子育てをしようと考えているディンクスの方や、
いま子育て真っ盛りのファミリーの方にとっては、
『子どもたちの教育環境』も大切な住まい選びの条件になるのではないでしょうか?

そこで今回のレポートでは、公立通学校までの距離はどれぐらいか?どのような場所で学ぶことになるのか?
【バウス横須賀中央】の気になる『教育環境』について、写真でご紹介します。
※写真は常葉中学校・・・・・・現地より徒歩4分(約270m)/2018年8月撮影。

マンションからワンブロック歩くと、
幼稚園・小学校・中学校が集まる“スクールゾーン”が!


▲まずはこちらの地図をご覧ください。今回筆者が驚いたのは、現地からワンブロック歩いた場所に
“スクールゾーン”が広がっていること。ちょうど地図内に薄い赤色で示した街区には、
諏訪幼稚園・諏訪小学校・常葉中学校の3つの教育施設が集まっているため、
義務教育の9年間(幼稚園まで入れると最長12年間!)は通学路が大きく変わることもなく
ずっと同じ教育環境で勉学に勤しむことができるのです。
“環境が大きく変わらない”ということは、子どもたち自身も心強く感じられるでしょうし、
何より親御さんにとっても、周辺環境の変化に子どもたちが影響を受けずに済むため、
安心して学校へ送り出すことができるのではないでしょうか?


 
▲こちらは、現在基礎工事中の現地前から撮影した風景です。
ちょうど【バウス横須賀中央】の敷地東側が小中学校の通学路に指定されているため、
エントランスを出てまっすぐ進めば、あっという間に先ほどの“スクールゾーン”へ到着します。

※建設中の現地の様子・・・・・・2018年8月撮影。


▲通学路の途中で渡る信号はこの『横須賀市役所』前の一箇所だけ!
※横須賀市役所・・・・・・現地より徒歩2分(約110m)/2018年8月撮影。



  
▲市役所を通り過ぎると、美しい並木道が続く“スクールゾーン”の街区が。
ここで左へ曲がると『諏訪小学校』、まっすぐ進むと『常葉中学校』の正門があります。
ちなみに、この街区一帯の道路は車の通り抜けが少ないとても静かな道路なのですが、
歩道の幅員は広く確保され、ドライバーからも認識しやすい鮮やかなインターロッキング舗装が行われていました。
これなら低学年のお子さんが通学・帰宅するときも安心できそうですね!

※学校周辺の道路・・・・・・現地より徒歩2分(約150m)/2018年8月撮影。

 
▲【バウス横須賀中央】の公立通学校に指定されている『諏訪小学校』は、
なんと明治35(1902)年に設立された一世紀を超える歴史を持つ伝統校。
平成24(2012)年には屋上にプールを設けた現在の新校舎が完成し、
子どもたちも「キレイな学び舎」での学校生活を楽しんでいるのだとか。

※諏訪小学校・・・・・・現地より徒歩4分(約270m)/2018年8月撮影。


▲こちらの『常葉中学校』は昭和35(1960)年創立。地元ミセスのお話によると
「私立進学を目指しているお受験組の生徒さんも多く、保護者の方も教育意識の高い方が多い印象」とのこと。
思春期の子どもたちにとって「同級生ががんばって勉強している姿」というのは何よりの刺激になりますから、
勉強意欲を高めやすい校風に“子どもたちの今後ののびしろ”を期待できるかもしれませんね(笑)



▲『常葉中学校』の運動場側から眺めてみると、各施設の位置関係がよくわかります。
ちなみに、横須賀市では平成28年度から市内の全小中学校で『小中一貫教育』を実施しており、
義務教育9年間の学びの系統性を重視し、小中の教職員が互いに連携するなど、連続性教育の充実を図っています。
こちらの運動場も小中学校で併用しているとのことで、休日には地域住民のスポーツの場や、
子どもたちの安全な遊び場として『学校体育施設開放』が行われているのだそうです。

※常葉中学校・・・・・・現地より徒歩4分(約270m)/2018年8月撮影。

============================================

いかがでしたか?
マンションからの距離表示は小中学校共に“徒歩4分”になっていますが、
実際に歩いてみると「ワンブロック先に校舎がある」という感覚なので、距離的にはもっと近くに感じられそうです。

最寄り駅から徒歩4分、教育施設にも徒歩4分のマンション・・・『駅近立地』に加えて、
いま注目の『育住近接』も叶う住環境は、住まい選びを検討する上でポイントになりそうですね!

 
▲補足情報ですが、同じ“スクールゾーン”の街区内、『諏訪小学校』のお隣には、
横須賀市が運営する教育福祉施設『はぐくみかん』があり、小学生が放課後の時間を過ごすことができる
『学童クラブ』も館内にあります。働くパパ・ママにとって頼れる存在になりそうです。

※はぐくみかん・・・・・・現地より徒歩4分(約290m)/2018年8月撮影。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP