• 分譲マンション
  • 神奈川県横須賀市
  • 日本土地建物・セコムホームライフ・JR西日本プロパティーズ・ファーストコーポレーション・三信住建

住宅ライターの「バウス横須賀中央」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > バウス横須賀中央 > 横須賀の夏の風物詩『開国花火大会2018』が開催されました。マンションからも花火観賞可能です!
2018年08月15日

横須賀の夏の風物詩『開国花火大会2018』が開催されました。マンションからも花火観賞可能です!

さて、前回のレポートでは、横須賀の夏の風物詩である『開国花火大会』のメイン観賞会場となっている
『うみかぜ公園』についてご紹介しましたが、【バウス横須賀中央】での新生活がスタートしたら、
やっぱり花火観賞をするのは自宅から近いこの場所になるでしょう!

現地から徒歩9分のもうひとつの花火観賞会場『三笠公園』を訪れてみました。
※以下、開国花火大会当日の三笠公園の様子・・・・・・現地より徒歩9分(約660m)/2018年8月4日撮影。

軍艦と花火、幻想的なコントラストは横須賀ならではの美しさ

いまや横須賀を代表する夏のビッグイベントとなった『開国花火大会』がスタートしたのは、
ペリー来航150年の節目となった2003年のこと。
以来毎年8月の第一土曜日の夜に開催され、今年で16回目を迎えます。

 
▲筆者は花火打ち上げ開始45分前の18:30に『三笠公園』へ到着!
『うみかぜ公園』周辺もかなり賑やかでしたが、こちらも公園一帯は交通規制が布かれて歩行者天国に。
公園通りにズラリと並ぶ屋台にお祭りの活気を感じます。


 

 
▲『うみかぜ公園』では、事前にレジャーシートで場所とりが行われていましたが、
『三笠公園』では場所取りをしている人はおらず、思い思いの場所に腰掛けて花火の開始を待っています。
夕闇に浮かび上がる記念館三笠と東郷元帥像がとっても幻想的・・・夜の公園風景もステキですね!




  
▲こうして19:15、いよいよ今年の花火がスタート!
『三笠公園』からはどの場所にいても視界を遮られることなく花火を眺めることができるので、
一箇所にとどまらず園内を散策しながら、いろんな方角から花火観賞するのもオススメです。
(実際に交通整理スタッフの方からは立ち止まらず歩いて前へ進むよう促されます)


「どこからでも眺められる」ということは・・・
公園を出て【バウス横須賀中央】の周辺からも花火観賞ができるかも?????

というわけで(笑)、早速『三笠公園』から歩いて建設中の現地へと向かうことにしました!

北東の空に打ちあがる花火、現地からもしっかりと観賞できました!


▲『三笠公園』から現地までの移動中に気付いたのですが、地元の方たちはわざわざ公園まで出かけずに、
家の近くの“混雑しない穴場的観賞スポット”から花火を眺める人が多いようです。
ちなみに、こちらは『諏訪小学校』前の駐車場。
この一帯には観賞を邪魔するような背の高い建物がないため、真正面に大きな花火を眺めることができます。

※諏訪小学校・・・・・・現地より徒歩4分(約270m)/2018年8月4日撮影。


▲また、小学校隣の『常葉中学校』運動場前もベストビュースポット(笑)
広々とした運動場の上に打ち上がる花火を、静かな住宅街の一角からゆったりと観賞できます。

※常葉中学校・・・・・・現地より徒歩4分(約270m)/2018年8月4日撮影。

では【バウス横須賀中央】の現地周辺はどんな様子なのでしょうか?

 
▲あっ!!!『横須賀市役所』の建物に少し隠れてしまいますが、ちゃんと花火が見えました!
※建設中の現地周辺の様子・・・・・・2018年8月4日撮影。

 
▲筆者が撮影したのは、敷地北西側に位置する『市役所前公園』側の路上からでしたが、
地上でもこんなに大きく見えるということは・・・
マンションの中高層階からならおそらくもっと美しい眺望を満喫!
まさに“特等席”として毎年の花火観賞を楽しめそうですね。

※眺望は階数・方位によって異なります/花火の眺望を保証するものではありません。

============================================

いかがでしたか?海辺の公園の風景に親しみながら、
海上の花火を間近に観賞できる恵まれた住環境がおわかりいただけたでしょうか?

【バウス横須賀中央】での新生活がスタートしたら、毎年8月の第一土曜日は、
お友達や親戚を招いての“花火パーティ”が、定番の夏のスケジュールになりそうですね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP