• 分譲マンション
  • 静岡県浜松市
  • 遠州鉄道

住宅ライターの「ブライトタウン大蒲」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ブライトタウン大蒲 > “窓の多い部屋で暮らしたい”方にオススメ、浜松都心を眺める角住戸『Aタイプ』
2016年09月10日

“窓の多い部屋で暮らしたい”方にオススメ、浜松都心を眺める角住戸『Aタイプ』

突然ですが、皆さんにとって“間取り選びの条件”とはなんですか?

●明るい南向きであること
●お洒落なカウンターキッチンが付いていること
●収納スペースがたっぷりあること
●バルコニーが広いこと
などなど、皆さんそれぞれに様々な“こだわりの条件”があると思いますが、
将来の売却や賃貸運用などマンションのリセールバリューを考えたとき、
“最も引きが強い条件のひとつ”に挙げられるのが『角住戸』です。

マンション市場でどうして『角住戸』の人気が高いのか?
今回は【ブライトタウン大蒲】のAタイプを例に挙げて検証してみましょう!
※写真はすべてAタイプモデルルームを撮影したもの・・・・・・2016年1月撮影。

角住戸=広い開口部が確保できる=窓が多い、これが最大の魅力!

plan_detail_a
▲まずは『Aタイプ』の間取りをチェック!
専有面積77.93㎡、ポーチ面積5.78㎡、バルコニー面積27.17㎡の3LDK+ウォークインクロークのプランで、
ポーチに面した0.54㎡のトランクルームが付いています。
リビング・ダイニングは南向きでゆったりとしたバルコニーに面しているほか、
西面・北面にもバルコニーが!3面採光の開放的な住空間となっています。


では、間取図内の番号に沿って、順番に『角住戸』ならではの魅力のポイントをチェックしていきましょう。

①角住戸だからこそ実感できる独立感

多くの世帯が暮らす集合住宅であるマンションの場合、
共用廊下に面して各住戸の玄関が配置されますが、
『角住戸』の場合は共用廊下の“一番端”に位置しているため、
住戸の前の廊下を他の居住者の方が行き来することはほとんどなく、住戸の独立感をキープできます。

201601DSC09995111
▲こちらの『Aタイプ』の場合、ポーチから玄関までが直線ではなく直角になる『クランク型動線』になっているため、
来客があったときにも住戸内部が廊下側に丸見えにならず、プライバシーを保護することができます。
もちろん、中住戸でもプライバシーを保護するための工夫は様々行われていますが、
この独立感はワンフロアに2邸だけの“角住戸ならではの特権”だと言えるでしょう。

②開口部をたくさん設けられるからバスルームにも窓付き

201601DSC00064 201601DSC00066
▲“一戸建て住宅のように、お風呂に窓がほしい”と考えている方にも人気の『角住戸』。
フロアの端に位置する『角住戸』の場合は開口部を多く確保することができるため、
各部屋・各スペースに窓をたくさん設置することができるのです!
『Aタイプ』のバスルームにも写真のような窓を設置。
湯上りの空気の入れ替えが快適に行えるため、通気性を高めてカビの発生を軽減するだけでなく、
清々しい朝の光の中でモーニングシャワーを楽しむこともできます。
バスルームの窓がちょうど浜松都心方向の西側を向いているので、
高層階住戸のお風呂からは、浜松のシンボルであるアクトシティ浜松の姿を眺められるはず!
(都心を眺めながらのバスタイム・・・優雅な気分に浸れそうですね・笑)


201601DSC00054
▲ちなみに、バスルームの窓に加えて、
キッチンにはバルコニーに出られる勝手口が付いているため、キッチン空間も開放感いっぱい!
キッチンサイドのバルコニーを使って、空き缶・空き瓶・不燃物などのゴミの分別をしたり、
お料理に使うためのハーブをプランターで育てたり・・・と
暮らしの幅が広がりそうな点もバルコニーや開口部の多い『角住戸』ならではの魅力なのです。

③洗面室にも大きな窓付き

201601DSC00060 201601DSC00062
▲そして、なんと『Aタイプ』の場合は洗面室にも大きな窓が!
一般的な『角住戸』プランの場合、バスルームの窓とキッチン勝手口は比較的よく見られる設計ですが、
こんな風に洗面室にも窓が付いているプランは筆者も稀にしかお目にかかったことがありません(笑)
また、窓辺には『ユーティリティカウンター』が設置されているので
ここで洗濯物をたたんだり、ちょっとした作業デスクとして利用することも可能。
キッチンにも面しているため、お料理レシピの整頓や家計簿の整理のときにも使えますね!
明るい窓辺の空間は“居心地の良いミセス用書斎”となりそうです。

④水まわりの回遊性を高めた機能的動線

いかがでしたか?

独立感と開放感を実感できる『角住戸』の人気の理由がおわかりいただけたでしょうか?

ちなみに『角住戸』の魅力に加えて【ブライトタウン大蒲】の『Aタイプ』の場合は、
キッチン~洗面室~バスルーム~廊下~キッチンとスムーズに行き来できるできるよう、
水まわりの回遊性が高められた機能的な動線が取り入れられている点もポイントとなっています!

このような動線だと、家族が一斉に身支度をする朝の時間帯も
“水まわりの渋滞”を起こさずに各自が快適に過ごせそうですね。

================================================

今回ご紹介した『Aタイプ』は【ブライトタウン大蒲】のマンションギャラリーで
モデルルームとして公開されていますので、
ぜひ皆さんも『角住戸』の魅力をじっくりと室内で体感してみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP