• 分譲マンション
  • 東京都江戸川区
  • 日本土地建物・ウラタ

住宅ライターの「バウス西葛西清新町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > バウス西葛西清新町 > 購入者インタビューまとめ 「バウス西葛西清新町」に決めた理由とは?
2019年10月30日

購入者インタビューまとめ 「バウス西葛西清新町」に決めた理由とは?

これまで3回にわたって「バウス西葛西清新町」の購入者さんファミリーの方へのインタビューをお届けしてきました。

インタビューに答えてくださった3組の方は、マンションの近くに住んでいる方から、これまで西葛西にはほとんど縁がなかったという方までさまざま。

そんな皆さんが、どうしてこちらの西葛西・清新町で、こちらのマンションを選んだのか、決め手となったポイントをまとめてみたいと思います。

今回の記事のポイントをまとめると……

■「びっくりするくらい歩道が広い。車道と歩道が完全に切り離されていて、安全」を子育て環境重視で評価
■舞浜のテーマパークも、大規模公園も。身近にこんなにたくさんの遊び場がある街は珍しい
■「西葛西」駅前の、“ちょうどいい”賑やかさを評価。飲食店めぐりも楽しみ!
■「奥行きが浅くて使いやすい」「布団が入る」など、暮らし方に合った収納がたくさん
■平面式駐車場、エレベーターの台数、シェアリングサービス、住戸のバルコニーの広さなども高評価

緑が多く、道が平らで、歩道が広い。「マンション前の道」も広いから、子育てを考えてもメリットあり

東京メトロ東西線「西葛西」駅の南側に位置する江戸川区清新町。

1980年代に開発された新しい街ということもあり、整った街並みが特徴ですが、なかでも「これまで清新町には縁がなかった」という人が高く評価していたのが、「歩道の広さ」と「緑の多さ」です。

具体的には、こんなお話がありました。

びっくりするくらい歩道が広い。車道と歩道が完全に切り離されていて、安全
マンションの“目の前”の道も広いので、子どもがパッと走り出ても安心感がある
・平日に目を酷使する仕事をしていても、駅までの行き帰りに緑が見られて、リセットできそう
電線が地中化されているため、電柱と比較して、災害時も電線が切れる、電柱が倒れるといった心配が少ない


▲マンション建設地周辺の道。一般的には「道幅が広い=交通量が多い」となりがちですが、清新町は“歩道”の幅が広いのが特徴。交通量も少なく、穏やかな雰囲気です。

舞浜のテーマパークも、大規模公園も。身近にこんなにたくさんの遊び場がある街は珍しい

街に緑が多いことに加えて、「公園がたくさんある」「舞浜の有名なテーマパークが近い」ことも、購入の決め手になった様子。

・「江戸川区は公園が多い」とは聞いていたが、「こんなにあるの?」と驚くくらいたくさんある
舞浜のテーマパークショッピングモールに自転車で行けちゃう距離。しかも“都内”というのもポイント
・ご近所公園は子どもたちの格好の遊び場に。「〇〇公園にいる」と言うので迎えにいったら、もう違う公園で遊んでいることも!
・ボール遊びや自転車の練習、バーベキューもできる「葛西臨海公園」へ家族で遊びに行くのが楽しみ

 
▲「葛西臨海公園」は、マンションから約1,820m(徒歩23分、自転車8分)。
観覧車や水族館もあり、バーベキューや海遊びもできるので、「自転車で気軽に行けるのが嬉しい」との声、多数!
「舞浜」駅へは、マンションのもうひとつの利用駅である「葛西臨海公園」駅のお隣です。

「西葛西」駅前の、“ちょうどいい”賑やかさを評価。飲食店めぐりも楽しみ!

マンション最寄り駅の「西葛西」駅周辺については、商店街のような駅高架下のショッピングセンターもあり、複数のスーパーやカルディコーヒーファームなどもあるという便利さや、グルメも楽しめるほどよい賑わいも、購入者さんは「良いね」と評価されていました。

・繁華街すぎる駅は防犯面などで少し心配があるけれど、西葛西はほどよく賑わっていて“ちょうどいい”
東京の都心部へも、千葉県へも行きやすいので、子どもの学校の選択肢が多い
・環境を重視すると都心部から離れてしまうのが一般的だが、西葛西は「子育て環境の良さ」と「都心への近さ」が両立
・駅の周りにはチェーン店もあるけれど、味わいある個人店も。居酒屋やインド料理店巡りも楽しそう!

 
▲「西葛西」駅周辺。スーパーやドラッグストア、金融機関、クリニック、学習塾などが駅前にギュギュッと集まっています。
飲食店も、チェーン系のお店からママ友ランチにぴったりなおしゃれなレストラン、地元の名店、赤ちょうちんの居酒屋さん、本格インド料理店など多種多様!

「奥行きが浅くて使いやすい」「布団が入る」など、暮らし方に合った収納がたくさん

室内で評価の高かったポイントとして、皆さんが挙げられていたのが「収納」です。

収納スペースの数や大きさだけではなく、「廊下の収納が特に使いやすそうだと思った」「子どもがいるので、布団が入れられる場所があるのが良かった」など、実際の暮らしを考えた場合の使い勝手もしっかりとチェックされていた様子。

また、プラン選びに関しても、「家族みんなが気持ちよく暮らせること」を基本に、柔軟な考え方をしている方もいらっしゃいました。

・廊下に“奥行きの浅い”物入が設置されているのがお気に入り。物の出し入れがしやすいので、片付けやすそう
・洋服などをたくさんしまう場所が欲しかったので、フィットインクロゼットがあるプランを選んだ
・子どもがいるので布団をしまう場所が必要。押入のような収納スペースがあるのが良い
・勉強や仕事はマンション内のスタディルームで。共用部も部屋のひとつと考えれば、個室の数は重視しなくてもOK

 
▲モデルルームのフィットインクロゼット。
2方向から出入りできるウォークインタイプのクロゼットで、整理収納アドバイザーのライセンスをお持ちの購入者さんが「一方の部屋で子どもが寝ていても、もう一方の扉から物を出し入れできるのが良い」と評価されていました。

平面式駐車場、エレベーターの台数、シェアリングサービス、バルコニーの広さなども高評価

そのほかに皆さんが評価されていたポイントも、いくつか紹介したいと思います。

駐車場が平面式なのが良かった。機械式だと手間がかかってしまうことがあるが、平面式なら出し入れがスムーズ
・同じくらいの規模のマンションでも、エレベーターの数が1~2台ということもあるなか、こちらは3台で良いと思った
・自転車やアウトドア用品など、たまにしか使わないものがマンション内でシェアできて、効率が良く、経済的
バルコニーが広々としていて、リラックススペースにしたり、リビングの延長のように使えそう
防災倉庫も頼もしい。個人で用意するのが難しい発電機やマンホールトイレ、飲料水生成システムなどがある


▲購入者さんからの評価が高かった平面式駐車場。これが決め手になったという方も多いようでした。
平面式駐車場は機械式に比べメンテナンス費用が低く抑えられるので、長い目で見ても居住者のメリットが大きいといわれますね。

 

いかがでしたか?

立地やプランなどマンション選びの基準は人ぞれぞれですが、購入者の皆さんはそれぞれ「ここは譲れなかった」というポイントがあり、希望する条件の優先順位を上手に付けられていたように思いました。

住まい探しで迷うことがあったら、今回紹介した意見なども参考に、「一番重視したいことは何か」を整理して考えてみてもいいかもしれませんよ!

※掲載のモデルルーム写真は、B1タイプ・メニュープラン1を2019年4月に撮影したもので、有償オプション等が含まれています。有償オプション等は、対象住戸・申込時期および変更内容に制限があります。詳しくはマンションギャラリーへ直接お問い合わせください。家具・照明・調度品・備品等は販売価格に含まれません。また設備・仕様は変更になる場合があります。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP