• 分譲マンション
  • 東京都江戸川区
  • 日本土地建物・ウラタ

住宅ライターの「バウス西葛西清新町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > バウス西葛西清新町 > 購入者さんインタビュー(1)道の広さと子育て環境の良さで選んだFさんファミリー
2019年10月15日

購入者さんインタビュー(1)道の広さと子育て環境の良さで選んだFさんファミリー

今回から複数回にわたって、「バウス西葛西清新町」を実際に購入された方へのインタビューをお届けしていきます。

まず紹介するのは、2歳9か月のお子さんがいるFさんファミリー(上写真)のお話。
現在は中野区にお住まいで、西葛西周辺には特に馴染みがなかったというFさんファミリーが、こちらのマンションを購入するに至ったポイントなどをお聞きします。

今回の記事のポイントをまとめると……

■子育て環境の良さが住まい選びの最優先事項。「道の広さ」「公園の多さ」が決め手に
■都心部への「アクセスの良さ」と、緑の多さ・学校などの「教育面のバランスの良さ」も重視
■リビングと洋室を繋げて使える開放感や、収納の充実度、キッチン設備の新しさもお気に入り

子育て環境の良さが住まい選びの最優先事項。「道の広さ」「公園の多さ」が決め手に

―― まず、今のお住まいと、住まい探しを始められたきっかけを教えてください

 

Fさん(夫): 「今住んでいるのは中野区のちょっと古めの社宅なんです。
今後、子どもが幼稚園、小学校と成長していくことを考えると、家族で人生を謳歌するなら、もっと良いところに住みたいなと思ったのがマンション探しを始めたきっかけです。

中野も便利ですし悪い場所ではないんですが、子どもを走らせたりベビーカーを押して歩くときなどに道の狭さを感じることが多いんですよね。

ですから、『道が広いところ』が第一条件でした」

 

―― なるほど! 確かに清新町は『道の広さ』という条件にはぴったりの場所ですね。
でも、どうしてここがその条件に合っていると分かったんですか?

 

Fさん(夫): 「まず『どこの区に住もうか』と考えて、勤務先に行きやすく、自分たちの条件に合いそうな場所を絞り込んでいきました。
インターネットで色々な物件を見るなかで、東京の南の方に緑が多いエリアがあるということを知ったんですね。

それで、西葛西周辺の街の写真を見てみて、良い印象を持ったんです。緑もあって、道も広くて、こんなところがあるんだなと。

実際に清新町を歩いてみたら、本当にびっくりするくらい道が広いんですよね。車道と歩道が完全に切り離されているし、良いところだと思いました」


▲清新町周辺の街並み。写真左手が車道、街路樹を隔てて右手が歩道です。
「車道より歩道の方が広いくらいで、すごいと思いました」と、Fさんファミリー。

 

Fさん(夫): 「それから、『江戸川区は公園が多い』とは聞いていたんですが、これも実際に見たら『こんなにあるの?』とびっくりしました。
今は子どもと自転車の練習をするのにも、お台場などに車で出かけているんですが、ここなら歩いて行ける範囲に広い公園がいくつもありますよね。

休日は『外に出かける!』と決めているので、子どもと一緒に遊べる場所が多いのは嬉しいです。
自転車で、海が近くて水族館もあって、ボール遊びも自転車の練習も、何でもできる『葛西臨海公園』にも行けますから。

自分が子どもの頃は、川で良く遊んだりしたので、子どもにも水に触れて遊ぶ楽しさを知ってほしいなと思っているんです。
ここは海が近いので、子どもも良い経験がたくさんできると思って期待しています。家族で一緒に遊びたいですね」

 

Fさん(妻): 「本格的な陸上競技場とか野球場が近くにあるのもすごいと思いました。
実は2人とも陸上をやっていたことがあって、親しみがあるんです。緑道を走るのも気持ちよさそう」

 

Fさん(夫): 「確かに、走るのも良いね!

駅からの帰り道は、バスも使えますが、健康のことを考えて歩くのもいいかなと思ってるんです。
仕事が忙しいというのもあって、わざわざ時間を作って運動をするのってちょっと大変だけど、通勤のついでなら日課にできそうですよね。

近くにフィットネスクラブもあるみたいなので、そこに寄ってもいいかな」

 
▲写真1枚目:ジョギングやウォーキングにもぴったりな「清新町緑道(現地より約330m・徒歩5分)」
写真2枚目:水遊びもできる「総合レクリエーション公園(現地より約550m・徒歩7分)」

都心部への「アクセス性の良さ」と、緑の多い環境、教育面を総合的に見た「バランスの良さ」も重視

―― そんな西葛西周辺でも、いくつかマンションが分譲されていると思います。
そのなかで『バウス西葛西清新町』を選ばれたのはどうしてなんでしょう?

 

Fさん(夫): 「ほかの物件も並行して見てはいたのですが、こちらはマンションの“目の前の道”が広いのも決め手でした。
物件によっては、目の前の道路の交通量が多かったり、歩道があまり広くなかったりということもあって。

例えば子どもがエントランスからパッと走って出ていっちゃったりしたときに、すぐ車道だと危ないと思うんですね。ここなら安心感があると思いました。

それと、子どもが来年から幼稚園なので、ちょうど入園の時期に入居できるというのも条件のひとつでした。

情報収集には時間をかけましたが、『バウス西葛西清新町』を知ってからは、決めるのは早かったですね」

 

―― 求めていらっしゃる子育て環境に合っていたということなんですね。
お子さんがもう少し大きくなってからのことも考えたりはしましたか?

 

Fさん(夫): 「今の年齢の子育て環境で選んだので、これは結果的に、ではあるのですが、小学校や中学校もとても近いんですよね。

子どもが将来、公立に進学するか私立に進学するか分からないですが、どちらにしても心配がなく、幼稚園から中学校まで、ひとつのエリアで完結するというのは安心材料だと思います。

子育て環境を重視すると、都市部から離れていく傾向があると思うんですが、ここならアクセスも良い。
道が広い、公園が多いといった環境の良さがあり、幼稚園や学校が近くて教育面で見ても良いので、バランスが良い場所だと思いました。

これらが両立する場所って、あまり多くはないですよね」


▲「江戸川区と荒川区は子育て支援が手厚いということは知ってはいたのですが、実際に調べてみたらどちらも確かに充実していました。そのなかでも緑が多い清新町に興味を持ったんです」と、Fさんファミリー。

リビングと洋室を繋げて使える開放感や、収納の充実度、キッチン設備の新しさもお気に入り

―― 室内のお気に入りポイントはありますか?

 

Fさん(夫): 「リビングと洋室が引戸で仕切られていて、開けると繋げて使えるプランを選んだんですが、キッチンも含めると合計で20畳近くになるので、広く住めそうな点が良いと思いました。

バルコニーの広さも良いですよね。外に出られなくても、これくらいのプライベートな空間があれば、気分転換をしたり、子どもをちょっと遊ばせたりできそうです。

あと、部屋数よりも収納を重視していたのですが、この物件は収納スペースが充実しているのも気に入っています。今までは洋服などの収納場所に困ることが多かったので、フィットインクロゼットのような大きな収納があるのは嬉しいですね。

子どもがいるので、『布団が入る収納がある』ことも大きかったです」

 
▲「バウス西葛西清新町」には、 “押入並み”の約80cmの奥行きがあり、布団も入る「布団クロゼット」が用意されています。(一部タイプを除く)

 

Fさん(妻): 「モデルルームを見て、特に水まわりの設備にびっくりしました。
キッチンにはディスポーザも付いてますし、シンクも広くて使いやすそうですね。

今の家は古いこともあって、キッチンが低いんですよ。私は背が高いので、お皿を洗うだけでも腰が痛くなっちゃったり……(笑)
こちらはカウンターの高さが選べたので、一番高い90cmにしました」

 
▲Fさんが「お気に入りポイント」として挙げられていたキッチン。ディスポーザもマンションギャラリーで体験してみて「すごい!」と思ったそうです。

 

―― マンションの共用施設などはチェックされましたか?

 

Fさん(夫): 「はい。駐車場が平面式というのも良かったです。
東京に住んでいると電車移動が多くなるんですが、元々2人とも北海道出身ということもあって、できれば車で移動したいんですね。

機械式の駐車場だと手間がかかってしまうこともありますが、こちらならスムーズに出し入れできそうです」


▲「バウス西葛西清新町」には、平面式の駐車場が106台分(※1)用意されています。

 

Fさん(夫): 「スタディルームも使ってみたいですね。
家に子どもがいてパソコンを開いて作業をしづらいときも、マンションの1階に行ってササッとできちゃうのは良いですよね。
カフェコーナーもどんな風になるのか楽しみです」

 

Fさん(妻): 「キッズコーナーもあるんですよね。
子どもが元気で、雨の日でも外に行きたくてうずうずしちゃって大変なので(笑)、気分転換にそういうスペースを利用してみたいです。お友だちもできたらいいなぁ」

 

===================

 

「知らなかったんですが、『清新町ブランド』ってあるんですね。
地元の人がそう思っている土地って、新しく住んでも愛着が持てそうです。
『どこに住んでるの?』って聞かれたら、『江戸川区』を飛ばして『清新町』って言っちゃうかもしれません(笑)」とFさんファミリー。

元気いっぱいのお子さんとあちこち遊びに行くのが楽しみだそうです。

 

次回も購入者さんへのインタビューをお届けします。どうぞお楽しみに。

※1:身障者乗降用:1台、来客用:1台、看護事業所用:1台、保育施設用:1台含む
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP