• 分譲マンション
  • 東京都江戸川区
  • 日本土地建物・ウラタ

住宅ライターの「バウス西葛西清新町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > バウス西葛西清新町 > 夜道って安全?平日の夜10時ごろ、「西葛西」駅からマンションまで歩いてみました
2019年09月29日

夜道って安全?平日の夜10時ごろ、「西葛西」駅からマンションまで歩いてみました

今回レポートするのは、「西葛西」駅から「バウス西葛西清新町」建設地までの“夜道”です。

以前の記事で、昼間の徒歩ルートについてはレポートしましたが、残業で帰宅が遅くなってしまったときや外食からの帰り道、また、お子さんが塾や習いごとなどで遅い時間に帰ってくることなどを考えると、夜遅い時間の様子も気になりますよね。

「西葛西」駅からは路線バスも出ており、夜0時台までバスを利用できますが、今回は徒歩や自転車での帰宅を想定し、22時台の「西葛西」駅、清新町周辺の様子をチェックしてみました。

今回の記事のポイントをまとめると……

■駅の近くだけでなく、清新町周辺も人通りあり。22時台でも“人の目”を感じながら歩ける
■徒歩ルート上には、コンビニや深夜1時まで営業しているスーパーがあり、買い物も可
■「西葛西」駅からは深夜0時47分まで路線バスあり。交番もあるので心強い

駅の近くだけでなく、清新町周辺も人通りあり。22時台でも“人の目”を感じながら歩ける

まずは「西葛西」駅からマンションまでの徒歩ルートをおさらい。


▲最短ルートは公園の中(緑道)を通るルートですが、今回は途中のスーパーで買い物をすることなどを考えて、バスと同じルートを歩きました。

 

平日、22時ごろの「西葛西」駅の様子です。

 
▲通勤のピーク時は過ぎていますが、それでも電車が到着するたびに多くの人が降りてきます。

 

ちょっと意外だったのは、この時間でも、“これから電車に乗る人”がいること。西葛西周辺で働いている人、食事を楽しんだ人などもいたようです。

 

さて、「西葛西」駅の南口からマンションへ向かいます。
駅の近くには深夜まで営業している飲食店などもあり、人通りや車通りも多いので、昼間と変わらない感覚で歩けます。


▲さすがにクリニックやヘアサロンは閉まっていますが、閉店後でも店内の照明がついているお店もありました。
お店はたくさんありますが、いわゆる“飲み屋街”ではないので、騒がしさは感じませんでした。

 


▲「総合レクリエーション公園」の前を通ります。「夜の公園」って、ちょっと怖いイメージがあったのですが、照明も明るくて見通しも良く、不安を感じる要素はほぼなし。近道として公園の中を通っている人もいましたよ。
ちなみにこちらの交差点の角にはコンビニが複数あり、寄り道もできますし、明るさを増す効果も。

 

清砂大橋通りと交わる「西葛西6丁目第三」交差点を過ぎると、お店が少しずつ減り、街並みが住宅街へと変化しますが、歩道から人が完全にいなくなってしまうことはないくらいの人通り。

歩行者や自転車、また、ジョギングやウォーキングをする人が常に行き来している印象でした。


▲歩道の幅が広くて、坂のない地形のためか、夜間にジョギングなどをする人の姿もたくさん。
夏場などは、暑い時間帯に外に出るよりも、涼しくなる夜間に運動をした方が良いといいますものね。カップルやお友だち同士で走っている人も見かけました。

徒歩ルート上には、コンビニや深夜1時まで営業しているスーパーがあり、買い物も可

そして、マンションへ向かう途中の道沿いには、コンビニの「セブンイレブン 江戸川清新プラザ(徒歩8分・約620m)」と、深夜1時まで営業しているスーパーの「マルエツ 葛西クリーンタウン店(徒歩7分・約520m)」があります。

 
▲深夜まで営業しているお店があるだけでも心強いものですが、「コンビニ」と「スーパー」という、“帰り道にあってほしいお店”なのが嬉しいですね。
どちらのお店も、22時台でも頻繁に人が出入りしていました。

 


▲「マルエツ」の店内をチェックしたところ、さすがに焼き立てパンなどは品数が限られていたものの、お弁当やお惣菜、生鮮食品などはかなり充実していました。(なかには割引商品も!)レジも2台稼働していましたよ。

 


▲「セブンイレブン」と「マルエツ」の間にある遊歩道。暗く写っているので少し分かりづらいかもしれませんが、歩行者、自転車、ベンチに座っている人などがそこかしこに。

 

こういったお店があるおかげで、「駅から帰る人」に加えて、「周りの集合住宅から買い物に来る人」も、このあたりの道を通るんです。
夜遅くまで営業しているお店があるって、「人通りが増える」といったメリットもあるんですね。

 

さて、ここから先はお店も減り、住宅街になっていくので、夜道はちょっと寂しいのでは……と思っていたのですが、人通りが完全に途切れてしまうことはほとんどなく、常に視界に人の姿が入ってくるような状態でした。

 
▲駅前に比べると人通りは少なくはなるものの、女性や中学生くらいの子どもがひとりで歩く姿も。

 

「バウス西葛西清新町」の周辺は、住宅街といっても一戸建て中心ではなく、大きな集合住宅が建ち並ぶ街並みなので、通る人も多いんですね。
歩道の幅が広くて街並みが整然としており、死角になるような場所が少ないのも安心感がありました。

「西葛西」駅からは深夜0時47分まで路線バスあり。交番もあるので心強い

「西葛西」駅からバスで帰宅する場合も、「深夜0時47分までバスがある」「バス停からマンションまで徒歩3分」「道が明るい」「マンションの隣に交番がある」という点が良いなと思いました。

ちなみに「西葛西」駅からマンション最寄りの「清新二丁目」バス停へは、バスの本数も多いようです。

【22時以降の時刻表】
22時台…22:04/22:18/22:33/22:43/22:55
23時台…23:08/23:22/23:36/23:50
0時台…0:19/0:47 (※23時以降は深夜バス)


▲22時30分ごろの「清新町二丁目」バス停。降りる人も何人かいました。

 


▲バス停とマンションの間には交番もあります。この時はパトロール中ということでしたが、こちらは基本的には警察官が常駐しているとのこと。

 

検証前は、「清新町は住宅街だから、駅から離れたら、人通りがほとんどなくなってしまうのでは……」と思っていたのですが、今回実際に歩いてみて、人通りが意外とあったのが印象に残りました。

女性のひとり歩きや、中学生や高校生の子どもが塾や部活動で遅くなった場合のことを考えても、明るいなかを帰ってこられますし、バスという選択肢もあるのは頼もしいと思います。

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP