• 分譲マンション
  • 東京都江戸川区
  • 日本土地建物・ウラタ

住宅ライターの「バウス西葛西清新町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > バウス西葛西清新町 > 清新町について、地元商店会長さんに聞きました~その2~
2019年04月24日

清新町について、地元商店会長さんに聞きました~その2~

前回に引き続き、「バウス西葛西清新町」が建つ江戸川区清新町について、清新パトリア会会長の山口さんに、お話をうかがいます。

前回は、清新町の成り立ちや街並みの特徴などについてお聞きしましたが、今回は防災やお買い物便、教育環境やシニア世代への福祉などについてお聞きしてみたいと思います。

今回の記事をまとめると……

■清新町一帯は江戸川区の防災拠点。災害時の避難場所になっている
■「ベルク」や「オーケー」、「イオン」など、新しいショッピングスポットも複数
■街の安全性、教育環境の良さもポイント
■江戸川区の福祉の充実度など、シニア世代も暮らしやすい街

「災害のときは、ここへ逃げてきなさい」という場所が清新町。防災公園も整備

熊谷 「清新町一帯は埋め立てによって造られた街ということで、例えば防災面などはどうでしょうか。
こちらに長くお住まいになってきて、困ったことなど、ありませんでしたか?」

 

山口さん 「江戸川区は“ゼロメートル地帯”なんて言われますが、このあたりは標高が高めなので、津波の心配はしていないです。

清新町一帯は江戸川区の『防災拠点』にもなっています。
『何かあったらここに逃げてきてください』という、周辺の街からの避難場所ですね。」


▲江戸川区の洪水ハザードマップをチェックしてみました。山口さんのお話にあったとおり、清新町一帯(葛西南部地区)は浸水が想定されていないよう。
防災拠点にもなっており、避難方向(いざという時に、避難する方向)の矢印が葛西南部地区に向かっています。

人口も増え、スーパーなども新しくオープン。複数のスーパーを使い分けも

熊谷 「普段のお買い物などについてもお聞きしたいです。
もちろん、会長さんがいらっしゃる『パトリア葛西』が身近なショッピングスポットとして利用価値大だと思いますが(笑)、他にも新しいスーパーなどができているようですね」

 

山口さん 「スーパー、できてますね(笑)
このエリアは、人口が増えているので、買い物施設も増えています。1km圏内にもかなりあります。

『パトリア』ができた頃(1983年)から比べると、臨海町に『ベルク』もできましたし、最近『西葛西』駅の近くに『オーケー』もできたでしょう。あと、ちょうど数日前にベルクスもオープンしましたし。

駅の北側にもイオンがあって(イオン葛西店・2013年にリニューアルオープン)、コミュニティ会館の前から送迎バスも出てますから、若い世代の方もあちこちで買い物ができて、楽しいんじゃないかな。

人によっては使い分けたりもしているようで、若い方なんかは週末車で大型スーパーや、船橋のコストコへまとめ買いに行ってるみたいです」

 
▲2018年に開店したディスカウントスーパー「オーケー西葛西店(画像1枚目)」や、4フロア構成の「イオン葛西店(画像2枚目)」など、選択肢もさまざま。

 


▲こちらは「バウス西葛西清新町」から徒歩7分(約520m)の「パトリア葛西(マルエツ葛西クリーンタウン店)」。
山口さんの生花店「花大(はなひろ)」もこちらの中にあります。

教育環境や学校の評判、街の治安については?

熊谷 「それから、私が清新町について調べたり、取材したりするなかでよく聞くのが『教育環境がいい』というような意見です。

清新一中、二中は、昔から評判がいい中学校だとか、一中、二中出身の学生さんが、国公立の大学へ進学したという話もしょっちゅう聞きます。
江戸川区内だけじゃなくて、都内の公立中学校の中でも、学力の高さが知られているなんて言われていますよね」

 

山口さん 「清新一中、二中は確かに学力が高いですね。

このあたりに官舎があって、そこの方達がウエイトを上げた、なんて言われてもいますが。塾通いなど、教育熱心な家庭も多いみたいですね。
保育園についても、預けられないなんて話は聞かないですね。

あと、清新町は謝恩会に力を入れていて、舞浜のあのテーマパークのホテルで謝恩会をしたこともあるみたいですよ(笑)」

 

熊谷 「舞浜のホテルで謝恩会! なんてうらやましい(笑)
子育て環境として気になるのは、もうひとつ治安のことですか、安全性についてはどうでしょうか?」

 

山口さん 「安全性、全っ然危ないなんてことは無いです(笑)
清新町はのんびりしていて、物騒な事件が起きたなんてことはないですね。

昔は道路沿いに防犯カメラを設置していたこともあったんですが、来る日も来る日も何も起きないので、今は取り払っちゃったくらいです」


▲「西葛西は人口が多くなっているので、実は110番通報は多いんですが、部屋に害虫が出たとか、大したことない通報ばかりだそうですよ(笑)」とお話してくれた山口さん。

江戸川区の福祉の充実度を評価している人も。シニア世代が元気な街

熊谷 「シニア世代の方にとっては、どうでしょうか」

 

山口さん 「これは清新町というよりも、江戸川区全体にいえることですが、福祉が整っている(※)んですね。

 

このあたりから千葉へ引っ越して、やっぱり福祉環境が江戸川区が良いっていうので、またこちらへ引っ越してきた人も何人か知っています」

(※はり・きゅう・マッサージなどが低い自己負担額で受けられる、介護保険料の基準額が23区内でも低め、日常の困りごとをサポートする『シルバーお助け隊』サービスがある、など)

 

熊谷 「一度住んでいた人がまた戻ってくるってすごいですね!
あとこれは、全世代の人にとって言えることですが、散歩とかジョギングとか、体を動かす場所に事欠かないことも、健康維持によさそうですね」

 

===================

 

清新町が開発される前からこのあたりをご存知という山口さん。
開発当初から現在に至るまで「住む」という視点で、貴重なお話を聞かせてくださいました。清新町は、「住むには最高の街」ともおっしゃっていましたよ。

インタビューの最後に、「これから清新町にお住まいになる方へメッセージを」とお願いしたところ、「できる限り『パトリア』でお買い物してください!(笑)」とのことでした。
「パトリア葛西」についてはこちらの記事でも詳しくレポートしています。

山口さん、楽しいお話をありがとうございました!

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP