• 分譲マンション
  • 東京都江戸川区
  • 日本土地建物・ウラタ

住宅ライターの「バウス西葛西清新町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > バウス西葛西清新町 > 緑道、川沿い、マンションの隣の公園……清新町で見つけた桜をレポート
2019年04月10日

緑道、川沿い、マンションの隣の公園……清新町で見つけた桜をレポート

すっかり春めいてきた今日この頃、「バウス西葛西清新町」の周りも、冬とは違った景色が見られるようになってきました。桜が街のあちこちで咲き、「こんなに桜がたくさんある街だったんだ!」と、何となく嬉しい気持ちに(笑)

清新町は1970年代に開発された街で、道路沿いや公園にある桜の木は、ちょうどその頃に植樹されたものが多い様子。現在樹齢40年ほどということになりますから、桜の木もよく育っているんですね。

今回の記事では、そんなマンション周辺・清新町で見つけた桜をレポートします。

こちらの記事についてまとめると……

・「葛西臨海公園」駅への自転車ルートでもある緑道沿いに、桜がたくさん
・川や海が近いこの街ならでは。川沿いでのんびりお花見が楽しめるスポットも
・ご近所公園や小学校の桜など、春らしい景色の中で子どもが遊ぶ姿も

桜の下をウォーキングする人も。気持ちのいい遊歩道「清新町緑道」

以前にJR京葉線の「葛西臨海公園」駅まで自転車で行ってみたレポートでも触れましたが、マンションから「葛西臨海公園」駅方面へは歩行者・自転車専用の遊歩道「清新町緑道」が整備されています。
まだ寒い時期でも「緑が多く、気持ち良く走れる道」という印象でしたが、桜が咲くとまた違った景色になります。


▲清新町緑道(現地より徒歩4分・約300m)。
車やバイクが入ってこない、歩行者・自転車専用の遊歩道です。

 

こちらの緑道を、ウォーキングやジョギング、ペットとのお散歩ルートとして利用している方も多い様子。
取材中、お友達同士やご夫婦で桜を見上げながらのんびり歩く方の姿をたくさん目にしました。


▲建設用のクレーンが見えるくらい、マンションから近い場所にある清新町緑道。
急な坂や階段がなく、石畳のような舗装がされているので、小さいお子さんからシニア世代の方まで安全に歩けそう。

 

 
▲色とりどりの花が咲く花壇もあり、桜の木もよく育って枝ぶりが見事なので、どんな角度から写真を撮っても“映え”ます!(笑)

 

江戸川区には「緑のボランティア」という取り組みがあり、地域の方による街の花壇や草花のお手入れ活動が活発だそう。清新町の花壇もよくお手入れされていました。

川沿いでのんびり。デイキャンプ場でお花見もできる「新左近川親水公園」

そして「こういう場所が我が家の近くにあったらいいなぁ」と、ちょっと羨ましくなってしまったのが(笑)、川沿いにある「新左近川親水公園」。
川に向かって枝を伸ばす桜が風流で、遊歩道や芝生の広場もあり、お花見にぴったりな公園なんです。


▲川と芝生の緑、桜のピンクがキレイで何とも春らしい雰囲気の「新左近川親水公園(現地より徒歩9分・約720m)」。

 

もう少し海寄りにある大規模公園の「葛西臨海公園」は休日ともなるとたくさんの人で賑わいますが、こちらで遊んでいるのは地元の方がメインの様子。
ママと一緒にベンチでおにぎりを食べているお子さんなどもいて、皆さん気軽にお花見を楽しんでいるようでした。

 
▲簡易テントも張れる芝生の広場や円形のベンチ、デイキャンプ場(こちらは事前申し込みが必要です)などもあります。

「やまびこ公園」など、マンション近くの公園にも桜がいっぱい。子どもが元気に遊ぶ姿も

それからもうひとつ、公園の数がとても多い清新町らしくて良いなと思ったのは、マンション近くの公園にも見事な桜があること。
春休み期間中ということもあり、桜の下で小学校高学年くらいのお子さんが元気いっぱいに遊んでいました。


▲こちらは「清新ふたば小学校」の隣にある「やまびこ公園(現地より徒歩4分・約280m)」。見通しも良い公園なので、子どもだけで遊ぶ場合も不安がなさそうで、そんなところも良いと思ったポイントです。

 

マンションのすぐ隣にある公園にも、桜が咲いていましたよ。

 
▲マンション建設地の西側にある「清新町二丁目児童遊園(現地より徒歩1分・約80m)」。
桜の木の先に見えている仮囲いは、「バウス西葛西清新町」のものです。

 

街路樹にもたくさん桜が。
清新町は街路樹や公園の緑が多く、歩道が広々としていることが特徴の街ですが、そんな街並みに桜がプラスされることで、わざわざ遠くまでお出かけしなくても春らしい景色が楽しめるんですね。


▲こちらは「西葛西」駅の近くにある「総合レクリエーション公園(現地より徒歩7分・約550m)」。
駅に向かう途中に少し足を止めて「わぁ、キレイ」「よく咲いてるね~」とお話する人も。

「清新ふたば小学校」の桜もキレイ。バスを待ちながらお花見気分が楽しめるかも

マンションのある清新町2丁目の通学校「清新ふたば小学校」の桜もキレイでした。
こちらの小学校はバス通り沿いにあるため、マンション最寄りのバス停のひとつ「清新ふたば小学校前」を利用する際も、桜が眺められるんですね。


▲「清新ふたば小学校(現地より徒歩3分・約180m)」。
2016年に開校した新しい小学校ですが、それまでにあった小学校(清新第三小学校)の校舎を活かしているため、以前からあった桜の木も残されています。

 

 
▲小学校の花壇や道路沿いには、チューリップや菜の花などが咲いていました。
少し前にこのあたりを歩いた時には見かけなかったので、「春になったんだなぁ」としみじみ。

 

この他にも、少し足を延ばすと、以前にレポートした「葛西臨海公園」や、しだれ桜が有名な「行船(ぎょうせん)公園」といったお花見スポットがあります。
皆で集まってワイワイお花見をしたい時、家族でのんびり過ごしたい時など、使い分けもできそうですね。


▲今回レポートした桜のスポットを地図に描き入れてみました。

 

さて、次回は清新町の先輩住民の方へのインタビューをお届けします。
この街に住んで、実際どうなのか?実感などをじっくりお聞きしたいと思いますので、どうぞお楽しみに!

※掲載の写真はすべて2019年4月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP