• 分譲マンション
  • 東京都江戸川区
  • 日本土地建物・ウラタ

住宅ライターの「バウス西葛西清新町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > バウス西葛西清新町 > 西葛西・清新町エリアの教育環境ってどう? 「教育環境が良い」といわれる理由を調べました
2019年03月29日

西葛西・清新町エリアの教育環境ってどう? 「教育環境が良い」といわれる理由を調べました

これまでに清新町周辺のお店や街並みを取材するなかで、近隣にお住まいの方から「このあたりは教育環境も良いんですよ」「英語ができる子どもたちも多いので」といった言葉を耳にしました。

街の特徴のひとつとして「教育環境」が挙がるというのには、何か理由があるはず。
私も小学生の子どもを育てている保護者のひとりなので、気になるポイントです。
そこで今回は、西葛西・清新町エリアの教育環境について「良い」といわれる理由を調べてみることにしました。

こちらの記事についてまとめると……

・インターナショナルスクールの多い西葛西エリア。理数系に強いという評判も
・「清新第一中学校」や「清新第二中学校」は通学希望者も多い

「西葛西」駅の周辺には、 “生の英語”が身に付くインターナショナルスクールが多い

西葛西周辺の教育環境に詳しい方に聞いてみると、江戸川区、特に「西葛西」駅を選んで住んでいるファミリーもいるようで、その理由のひとつとして「子どもの英語教育に力を入れたいから」という声があるそう。

どういうことなんだろうと思って調べてみたところ、「西葛西」駅の周辺には、英語で授業を行う「インターナショナルスクール」が多いんですね。

▲「西葛西」駅の近くにあるインターナショナルスクールをGoogleマップ上に載せてみました。
主に小学校入学前のお子さんを対象にしたインターナショナルスクールが複数あるようです。

 

小学校入学前のお子さんのためのインターナショナルスクールは、一般的に、保育園や幼稚園の代わりに通うもの。
習いごととしての英会話教室とは違い、普段の保育や授業がすべて英語で行われます。
元々、近隣に暮らす外国人ファミリーのお子さんの保育施設として設置されていることもあるため、一緒に学ぶお子さんも国際色豊か。


▲インターナショナルスクールでは、語学だけでなく、国際的な感覚や異文化を理解する心も身に付くといわれ、子どもの将来を広い視野で考えたファミリーが選ぶことも多いようです。

 

私の知り合いにも、子どもをインターナショナルスクールに通わせている人がいますが、お子さんの英語力にはいつも驚いてしまいます。
アニメや映画は字幕なしで見ていますし、子ども同士の会話がネイティブ並みの英語で交わされていることも。一番上のお兄ちゃんは、小学校4年生で英検2級(高校卒業レベルですよ!)に合格したと聞き、「既に我が子とすごく差がついている……」と口をあんぐりするばかり(笑)

ご両親は特に留学などの経験もなく、英語はほとんどできないということだったので、教育の賜物なんだなぁと感心しています。

そんな“インターナショナルスクール派”の知り合いのファミリーも、横浜市や港区周辺などに加えて、西葛西周辺にインターナショナルスクールが多いことは知っていたそう。
都心のスクールに比べると月謝が比較的リーズナブルで、お子さんを通わせやすいというイメージがあるそうです。

理数系に強いインド系のスクールも。IT教育にも積極的な点が特徴

また、西葛西エリアのインターナショナルスクールには、インド系の学校もあります。
新聞などで取り上げられたこともあるのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、「西葛西」駅は貿易会社などがあった経緯や、2000年頃から急速に高まったIT技術者の人材ニーズにより、インド系のファミリーがたくさん住んでいるんですね。

「西葛西」駅は、金融機関の本社が多い「大手町」駅や「日本橋」駅、「茅場町」駅などに行きやすく、比較的新しく整備された街ということもあって、海外からのIT技術者の方が住みやすい街だったとのこと。

そんなファミリーのためのインド系インターナショナルスクールですが、実は日本人の入学希望者も約3割いるそう。

それは英語教育に加え、インド式算数などで知られる理数系・IT教育に力が入れられているからなのだとか。
4~5歳で掛け算や割り算を覚え、8歳のクラスでは4ケタ同士の掛け算も勉強するそうで、日本では小学2年生(8歳)でようやく九九を習いますから、かなり差が付きそうですね。


▲東京都内に複数あるインド系インターナショナルスクールのなかでも、西葛西にキャンパスを構えるこちらの「グローバルインディアンインターナショナルスクール東京」はよく知られた存在なのだとか。

 

インターナショナルスクールに通うほどではなくても、子どものうちから英語やIT知識を身に付けさせたいという場合は、英語で行うプログラミング教室(西葛西駅近くの『アルクKiddy CAT英語教室』など)といった選択肢もあります。

公立小学校や中学校の評判はどう? 西葛西にお住まいの方に聞きました

さて、そんな国際的な一面もある西葛西エリアですが、多くのお子さんが通うことになる公立の小学校や中学校の評判はどうなのでしょうか。

西葛西エリアに住んでいるという方にお聞きしてみたところ、「江戸川区立清新第一中学校」と、「江戸川区立清新第二中学校」は、通学区域外からの入学希望者が多いことで知られる中学校なのだとか。
(江戸川区では通学区域の学校が決められていますが、希望する区内の公立中学校に入学できる中学校選択制を採用しています。 ※一定の条件、定員あり


▲「バウス西葛西清新町」が建つ清新町二丁目地区の通学校、「清新第二中学校(現地より徒歩3分・約230m)」。

 

「清新一中は、学習意欲の高さや難関校に進学する生徒が多いことでよく知られているんですよね。ちょっと離れたところからでもこの中学校に通いたいという人もいて、毎年のように抽選があるみたいです。
清新二中にも、通学区域外から通っている生徒がいて、先生も熱心だと聞きます」とのお話も聞けました。

 

国際的な一面と、区内でも学習意識が高いことで知られる中学校があるということなどから、「清新町は教育環境が整っている」といわれているようですね。

マンションを購入するときは、お子さんがまだ小さく、中学校や進学先のことまでなかなか考えられないという方も多いと思いますが(私自身もそうでした・笑)、これから住む街の教育環境について一度調べておくと、子育ての安心材料が増えそうだと思います。

※掲載の建物外観写真は2019年3月に撮影したものです。
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

PAGE TOP