• 分譲マンション
  • 東京都江戸川区
  • 日本土地建物・ウラタ

住宅ライターの「バウス西葛西清新町」取材レポート

熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

そのうちTOP > バウス西葛西清新町 > 「西葛西」駅からマンションへの徒歩ルートをレポート。賑やかな駅前から、緑の多い住宅街へ
2019年01月30日

「西葛西」駅からマンションへの徒歩ルートをレポート。賑やかな駅前から、緑の多い住宅街へ

今回の記事では、東京メトロ東西線「西葛西」駅から、「バウス西葛西清新町」の建設地までの徒歩ルートをレポートします。

最寄駅からマンションへの道は、地図上ではなかなか分からないことがたくさん。
駅からの帰り道沿いに買い物ができるスポットはある? あるとしたら、営業時間は? 歩きやすい道? 急な坂や危険に感じるような場所はない? ……など、実際に歩いてみてチェックしたいと思います。

この記事についてまとめると……

■「西葛西」駅からマンションへは女性の足で約15分。平坦で歩きやすい道
■駅前は商業ビルなどがあり賑わいある雰囲気、マンションに近づくと緑が増えて落ち着いた風景に
■駅からの帰り道沿いに、深夜まで営業しているスーパーやコンビニあり
■マンションの隣には交番も。夜間の帰宅の際も心強そう
■「西葛西」駅へは路線バスも利用可

「西葛西」駅からマンションへは徒歩14分の道のり。路線バスもあります

「バウス西葛西清新町」の最寄駅、東京メトロ東西線「西葛西」駅からは、マンションの建設地まで徒歩14分です。
駅からの徒歩ルートはいくつかのパターンがありますが、今回は帰り道にスーパーやコンビニに立ち寄ることも考えたルートで歩いてみたいと思います。


▲マンション公式サイトの地図に、今回歩いたルートを描き入れてみました。
「西葛西」駅の南口から「総合レクリエーション公園」方面に歩き、清新町のメインストリートともいえるバス通りを南下する道のりです。

 

「西葛西」駅からマンションへは路線バスも利用可。


▲マンション公式サイトより引用。
徒歩3分のバス停から、「西葛西駅前」へ路線バスが出ています。

 

私だったら、天気の良い日や、朝時間があるときは徒歩や自転車で、雨の日や帰宅が夜間になるときは路線バスという風に使い分けるかなと思いました。

駅前は商業施設が集まっていて賑やか。駅前広場や歩道も整っています

それでは早速、「西葛西」駅の南口からスタート。
駅を出たところからマンション建設地までどれくらいの時間で歩けるのか、所要時間も計測してみます。

以前に「西葛西」駅について紹介した記事でもレポートしましたが、「西葛西」駅は地下鉄の駅ではあるのですが、駅舎や線路は地上にあり、高架化されています。
南口駅前には広場が整っていて、通行しやすい雰囲気です。

 
▲「西葛西」駅の南口。たくさんの人が行き来していますが、広場がゆったりしているので快適に歩けます。
ここからマンション建設地までの所要時間を、ストップウォッチで計測してみたいと思います。

 

駅前広場を抜け、清新町方面へ向かって道路を南下します。

 
▲適度に車通りがあり、歩道も整っています。
沿道には飲食店やスポーツクラブ、内科や歯科のクリニック、学習塾などがあり、帰宅途中の寄り道スポットにもなりそうです。

 

駅から2分ほど歩くと、右手に「総合レクリエーション公園」の緑が見えてきます。
こちらの「総合レクリエーション公園」は、東西約3kmにわたる規模の大きな公園。駅前にこんな公園があるなんて、さすが公園面積23区1位(※1)の江戸川区ですね。


▲右手に「総合レクリエーション公園」の緑を眺めつつ歩きます。

清新町に入ると、緑が増えて気持ちのいい景色に。歩道も広くなります

さらに少し歩くと、目の前に「江戸川球場」が見えます。
ここまで来ると駅前の賑やかさはひと段落。商業ビルよりも公園や公共施設、マンションなどが目立つようになってきます。


▲横断歩道の向こう側に見えているのが「江戸川区球場」。マンションへ向かうには、道路をわたって右方向へ進みます。

 

このあたりから清新町に入るのですが、清新町に入った途端、街路樹が増え、空が広くて気持ちの良い景色に変わります。
歩道の幅もぐっと広がり、自転車と歩行者が楽にすれ違えるように。


▲左手に「江戸川区球場」を見ながら歩きます。
こちらの道路(清砂大橋通り)は片側3車線の大通り。その分歩道も広く、横断のための歩道橋も設置されています。

 

「江戸川区球場」を通り過ぎると、左手に前回の記事でも紹介した「清新町健康サポートセンター」が見えます。


▲駅前とは街並みが随分変わりましたね!
「清新町健康サポートセンター」の角を左に曲がると、後はマンションまでほぼ真っ直ぐ南下するだけの道です。

帰り道沿いに、コンビニや深夜0時まで営業しているスーパーがあります

先ほどの「清新町健康サポートセンター」の角を曲がり、清新町の住宅街へと入っていきます。
清砂大橋通りはトラックなども通る道でしたが、こちらの道路は片側1車線の穏やかな生活道路。通る車は路線バスや自家用車、宅配便の車などが中心です。

道路全体の道幅は狭くなりますが、歩道が広いのは変わらず。
住宅街の中を通る生活道路なのに、これだけ歩道が広いって、結構すごいと私は思いました。

 
▲広々として歩きやすい歩道。道路沿いには、「セブン-イレブン 江戸川清新プラザ」もあります。こちらがマンションから一番近いコンビニです。

 

歩道には花壇があったり、街路樹もいろいろな種類があったり、また、ちょっとユーモラスな柵があったりして、歩いていても楽しいんですよ。

 
▲道沿いで見つけた、魚のレリーフが面白い柵や花壇、街路樹の実など……。
道路にゆとりがあるからこそ、こういった“遊び”や“彩り”が生まれるのでしょうね。こういうのって、繁華街にはない良さだと思います。

 

さて、さらに少し歩くと、こちらも前回の記事で触れた「マルエツ 葛西クリーンタウン店」とショッピングセンターの「パトリア」があります。

 
▲「マルエツ」は、1Fの食品フロアは深夜0時まで、2Fの日用品フロアも21時まで営業しています。
帰宅が遅くなっても、帰り道沿いで生鮮食品やお惣菜が買えるって助かりますね~。

 

こちらの道路は路線バスも通る、清新町のいわば“メインストリート”。
平日の昼間でもさまざまな世代の人が行き来していますし、車通りも適度にあるので、子どもが一人で帰宅する際や、夜間の帰宅の際も心強く感じられそうだと思います。

 

ここからマンションに近づくにつれて、団地などの集合住宅中心の街並みになっていきます。


▲マンション建設地まであと4分ほど(約320m)の地点で撮影。
街路樹の緑がキレイで、歩道が広いですね! 坂もなく、向こうの方まで平坦な道が続いています。ベビーカーを押しながらでも歩きやすそう。

 

前回の記事でもレポートしましたが、清新町は開発から40年が経過していることもあって、街路樹がよく育っており、緑がとても多いんです。
撮影した冬の時期は葉が落ちている木も多いですが、春から夏にかけてはもっと気持ちのいい景色が見られるのでしょうね。


▲こちらは先ほどの地点からもう少しマンション寄りの「清新町コミュニティ会館」の前。
歩道と車道の境目が殺風景なガードレールではなく、ツツジなどの生け垣というのもステキですね。

 

それから、こうして歩いてみて気が付いたのが、この周辺は道にゴミなどがほとんど落ちていないんです。落ち葉もキレイに掃除されていて、とても気持ちがいい雰囲気。

歩きながら観察してみたところ(笑)、まず住民の方のマナーが良いことも理由のひとつとして挙げられますが、(小さいお子さんも、自分で落としてしまったゴミをちゃんと拾って、ママに渡してました!)周りに集合住宅が多いので、そちらの管理員さんが、建物の目の前の道路もついでにお掃除されているようなんです。

集合住宅が多い街って、掃除が行き届くという良さがあるのかも……なんて思いました。

 

さて、先ほどの「清新町コミュニティ会館」を過ぎると、マンション建設地が見えてきます。


▲写真の左手は「さざなみ公園(この公園もなかなか広いんですよ~)」の緑。
ちょっと分かりにくいですが、クレーンが見えているのが建設中の「バウス西葛西清新町」の建設地です。
近くには「清新町二丁目」バス停も。こちらのバス停とマンションとの距離は約120m(徒歩2分)です。

 


▲前回の記事でも触れたとおり、マンション建設地のすぐ手前に交番があります。これも心強いですね。

 

「西葛西」駅からマンション建設地まで、私の足でかかった時間は、信号待ちの時間なども含めて15分3秒。


▲女性の私が実際に歩いてみたところ、駅からマンションまで約15分という結果でした。
信号待ちの時間も含めてこれくらいの時間で歩けるなら充分許容範囲という方も多いのではないでしょうか。

 

今回駅から歩いてみて、街並みのキレイさや、道の歩きやすさに改めて気が付きました。
また、坂がなく平坦な道だったのも好印象。ベビーカーや自転車でも通行しやすそうだと思いましたよ。

 

さて、次回の記事では、マンション建設地からの通勤をシミュレーションしてみたいと思います。
マンション最寄りのバス停から路線バスに乗り、東京メトロ東西線を利用して出かけてみます。どうぞお楽しみに!

※掲載の写真はすべて2018年12月から2019年1月にかけて撮影したものです。
※1:東京都建設局「東京都都市公園等区市町村別面積・人口割比率表(2017年4月1日現在)」より
熊谷実津希

住宅ライター
熊谷実津希

「知りたいことは、現場に行って調べる!」がモットーの住宅・不動産専門ライター。二児の母にして分譲マンション購入経験あり。美味しいお店を発見する眼力にも自信あり!?

過去の記事

PAGE TOP