• 分譲マンション
  • 東京都武蔵野市
  • 日本土地建物・三菱地所レジデンス・三信住建

住宅ライターの「バウス武蔵境」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > バウス武蔵境 > 遂に竣工!緑に包まれた現地の様子をご紹介します!
2020年09月27日

遂に竣工!緑に包まれた現地の様子をご紹介します!

『2020年9月下旬』という当初の予定通り、遂に【バウス武蔵境】が竣工しました!来月からはいよいよ棟内モデルルームの公開がスタートします。筆者が先日現地を訪れたときは、9月18日の竣工直前で、工事スタッフの皆さんはちょうど仕上げの真っただ中。まだ一部に養生シートなどが残っていたものの、スタイリッシュな外観や緑豊かなガーデンの様子を実際に確認することができました。

そこで今回のレポートでは、棟内モデルルーム公開に先駆け、現地の様子を写真でご紹介します。
※掲載の写真はすべて現地を撮影したもの・・・・・・・2020年9月18日撮影。


▲こちらの敷地配置完成予想CG(※1)と見比べながら、実際の現地の風景をチェックしてみてください。

【この記事のまとめ】

緑の潤いに包まれた生活ステージ、敷地内の植栽ボリュームは圧巻!

JR『武蔵境』駅北口から9分の道のりを歩いてくると、最初に目に映るのがこちらの風景です。

 
▲地上7階建ての『サウス棟』。1階メインエントランスの奥には、木のぬくもりが感じられる重厚なデザインの『ブックラウンジ』が広がっています(エントランスホールやラウンジの様子についてはまた次回レポートします)。


▲こちらは『サウス棟』の西側から敷地北側の『提供公園』へと通り抜ける『グリーンプロムナード』。すでに大きく生長した高木が枝葉を広げているので、目に映る緑のボリュームは圧巻!芝生のグリーンも実に鮮やかで、このプロムナードを散策しているだけでも“森林浴”気分が味わえます。車の往来を気にすることなくゆったりと歩けるので、小さなお子さんを連れてお散歩するときも安心ですね。

 
▲1枚目の写真は『ノース棟』、2枚目の写真は『ウエスト棟』。バルコニーに出ると、すぐ目の前に緑を感じることができます。今年の春のステイホーム中、“家の中で唯一、外の空気を感じられる息抜きスペースがバルコニーだった”という方も多いと思いますが、バルコニーの目の前にこんな緑の風景が広がっていたら、おうちに居ながらにして気分転換でき、視覚的にも癒されそうですね!

 
▲一方こちらは『ノース棟』の3階共用廊下の風景と『イースト棟』北側の風景。敷地配置完成予想CGを見ると、イースト棟はグリーンプロムナードに面していない建物になるため「緑が感じられないのでは?」と思いきや・・・実は第一種低層住居専用地域の隣地には緑が広がっているため、ご覧の通りの緑景が。“玄関ドアを開けると、木々の緑が目に映る暮らし”というのは何とも魅力的だと思いませんか?

入居者の皆さんで“四季の恵み”を育てるコミュニティガーデンも完成

ここからは、ガーデン・提供公園のほうへ進んでみましょう。


▲敷地の西側には『グリーンプロムナード』に並行して『花の通学路』(当物件の敷地外)と名付けられた緑道があり、地元の方たちの歩行ルートになっています。しかし、この写真からもわかる通り、住棟との間には生け垣や植栽スペースが配置されているので“緑のスクリーン”によってプライバシーを守ることができます。

 
▲この日はまだ養生シートに覆われていましたが、『提供公園』の中には様々な遊具も。車道には面しておらず、“全体を見渡せるちょうど良い広さの公園”なので、小さなお子さんの公園デビューにもぴったりですね!

 

 
▲こちらはテラス付きの『コミュニティガーデン』と『四季のガーデン』。コミュニティガーデンには入居者専用の菜園があり、ここで季節の野菜を育てて収穫することができます。こうしたイベントに参加することで、子どもたちの“食育”につながるだけでなく、マンション内の新しいお友達づくりもスムーズに進みそうです。


▲ウッドベンチや石のベンチなど休憩スペースもいっぱい!これだけの広さのガーデンがあれば、テレワーク中「ちょっと家族から離れて頭の中を整理したい」という時も、自分だけの静かな時間をキープできそうですね。

敷地内だけでなく『ご近所の緑』にも癒されることを実感!

いかがでしたか?現地の様子を確認してみると、改めて“豊かな緑に包まれた潤いある生活ステージ”であることがおわかりいただけたのではないでしょうか?

ちなみに、今回竣工直前のタイミングで現地を取材して筆者が何より驚いたのは『マンション敷地内の緑』だけでなく、敷地周辺に広がる『ご近所の緑』も、この“潤いある住環境を創り出してくれている”ということでした。


▲こちらは『ウエスト棟』の3階バルコニーから眺めた敷地西側の風景ですが、目の前には『グリーンプロムナード』と2つの『ガーデン』が。その先には『花の通学路』が。さらにその奥にはご近所のお庭の緑が広がっていて、“緑の層”が何層にも連なっていることがわかります。これから季節が進むと、一部落葉する樹木もあると思いますが、季節の移ろいを窓辺の風景から感じられる住環境って、とても素敵ですね!

竣工した現地を訪れて「この風景を実際に体感したい!」という方は、10月3日(土曜日)より公開予定の『棟内モデルルーム』のオープン(完全予約制)を楽しみに待っていてくださいね!
※なお、10月3日・4日はすでに満席となっています。予約状況について詳しくは【バウス武蔵境】マンションギャラリー:0120-320-363(第二火曜・水曜・木曜定休・祝日は営業) へお問い合わせを。

※1:掲載の敷地配置完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたものであり、実際とは異なります。植栽は特定の季節や入居時の状態を想定して描かれたものではありません。周辺道路・建物等は簡略化しています。
※敷地には公開空地が含まれており、居住者以外の第三者も利用または通行できます。
※当物件の敷地の一部(約2100㎡)は、都市計画道路の区域にかかります。
福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

この物件の他の記事
この物件の他の記事 PAGE TOP