• 分譲マンション
  • 東京都武蔵野市
  • 日本土地建物・三菱地所レジデンス・三信住建

住宅ライターの「バウス武蔵境」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > バウス武蔵境 > 『新宿』から何分?!【バウス武蔵境】夜の帰宅ルートをレポートします!
2019年09月30日

『新宿』から何分?!【バウス武蔵境】夜の帰宅ルートをレポートします!

少しずつ朝晩の気温が下がりはじめ、秋の気配が感じられるようになりましたね。「秋の日はつるべ落とし」と言われるようにあっという間に辺りが暗くなるこの季節、今回のレポートでは「仕事を終えて18時に『新宿』を出発すると『武蔵境』駅まで何分かかるのか?」「夜の『武蔵境』駅や現地周辺はどんな様子なのか?」についてご紹介します。
※写真は平日夜18時頃の『新宿』駅の様子・・・・・・現地より約15km/2019年9月撮影。

【この記事のまとめ】

■平日夜の帰宅時、『新宿』駅から『武蔵境』駅までの所要時間は20分
■18時過ぎに『新宿』を出発すると18時37分にはエントランス前に到着
■『武蔵境』駅周辺は夜も適度な賑わいがあり、街の明るさにも夜道の心強さが

平日帰宅時間帯の『新宿』~『武蔵境』間は中央線快速で20分!

 
▲筆者が取材を行ったのは金曜の夜。帰宅ラッシュがはじまった18時頃に『新宿』駅へ到着し、18時2分発の中央線快速で『武蔵境』を目指すことにしました。ただし、この日は他の電車との時間調整があり3分遅れで『新宿』を発車。実際の出発時刻は18時5分となりました。
※JR『新宿』駅の様子・・・・・・現地より約15km/2019年9月撮影。

 
▲中央線快速に乗ると、途中の停車駅をビュンビュン通過して『中野』へ到着!普通列車をどんどん追い越すこの“スピード感”は気分爽快です(笑)。帰宅ラッシュ時間帯なので車内がもっと混雑しているかと覚悟していたら・・・意外にも乗客同士の密着度は少なく実に快適。スマートフォンで夕方のニュースをチェックしているうちに、気づけばあっという間に『武蔵境』への到着を知らせる車内アナウンスが聞こえてきました。
※中央線快速車内の様子・・・・・・・2019年9月撮影。


▲こうして『武蔵境』駅のホームに到着!時刻は18時25分。『新宿』駅からの所要時間はちょうど“20分”でした。
※JR『武蔵境』駅ホームの様子・・・・・・・現地より徒歩9分(約690m)/2019年9月撮影。

1日の仕事を終えて、駅の混雑の中へ向かい、満員電車に乗り込む瞬間はどっと疲れが増してしまうものですが、筆者個人的には「想像していたよりも混雑が少なく、しかも“乗換えなしの20分”なのでとっても気楽!」という感想を持ちました。なお、時間帯によっては『新宿』~『武蔵境』間を最短17分(※1)で移動できるケースもありますから、時刻表で確認してみてくださいね!
※1:『新宿』駅より中央特快に乗車し『三鷹』で乗り換えた場合。

夜の帰宅時は、駅前の“人々の賑わい”にホッと安心感が


 
▲こちらは夜のJR『武蔵境』駅北口。筆者が心地良く感じたのは、小さな子ども連れの親子や小・中・高校生、大学生風のカップル、ビジネスマン、お年寄りの方など様々な世代の人たちが行き交っていたこと。改めて「ここ『武蔵境』は“生活するための街”なんだなぁ」ということを実感。ある一定の世代だけでなく、多世代が暮らす街である点にも安心感を覚えます。
※JR『武蔵境』駅の様子・・・・・・・現地より徒歩9分(約690m)/2019年9月撮影。

 
▲『すきっぷ通り商店街』を歩いて現地方向へ。ただし、今回夜の取材で気づいたのですが、この通り沿いには日本酒専門店やベーカリー、ラーメン店など美味しそうな飲食店が軒を連ねているので“誘惑”がいっぱい。空腹時は誘惑に負けないよう気をつけましょう(笑)『三菱UFJ銀行』のATMコーナーが24時までオープンしているのも嬉しい。
※すきっぷ通り商店街の夜の風景・・・・・・現地より約510m/2019年9月撮影。

 
▲『アジア大学通り』へ出ると、駅前の賑わいから一転、静かな住宅街の風景が広がりはじめます。
※アジア大学通りの夜の風景・・・・・・現地より約500m/2019年8月撮影。


 
▲閑静な住宅街ではありますが、住戸の灯かりがすぐ近くにあり、かなり明るい街灯が設置されているので、夜道でも不安はまったく感じませんでした。通りにも適度な交通量があって“人の目”が感じられるほか、『ミニストップ(24時間営業)』やパティスリー『ウルソン武蔵境店(19:30まで営業)』などの店舗の明るい照明も、夜の帰宅時の心強さにつながりそうです。
※ミニストップ武蔵境2丁目店と現地周辺の夜の街並み・・・・・・現地より徒歩3分(約190m)/2019年9月撮影。


▲こうして【バウス武蔵境】の現地に到着!
※以下、バウス武蔵境現地の様子・・・・・・・2019年9月撮影。


▲到着時刻を確認してみると、18時37分でした。これなら、就業後18時過ぎに『新宿』駅を出ても、夜の“7時のニュース”が始まる頃には我が家のリビングでホッと一息つけそうですね(笑)なお、今回は駅から現地までの夜の風景をところどころで撮影しながら歩いたため通常よりも所要時間がかかりましたが、『武蔵境』駅北口から現地までは、以前道のり取材の実測で“9分足らず”で到着しましたので、こちらのレポートも参考にしてみてくださいね!

 

いかがでしたか?各地で取材をしていると、中には「昼間の表情とはガラリと雰囲気が変わり、夜になると急に人通りが少なくなる街」もあるのですが、ここ『武蔵境』周辺には昼夜ともに様々な世代の人たちの賑わいを感じます。

また、不特定多数が集まるビッグターミナル駅とは違って、“地元の人たちの暮らしぶりが感じられる親しみある賑やかさ”にも好感を持ちました。ぜひ皆さんも一度“夜の武蔵境”を訪れて、街の雰囲気を実際に体感みてくださいね!

 
▲ちなみに、この日はラグビーワールドカップの開会式が行われた日で、『武蔵境』駅南口の『境南ふれあい広場公園』ではパブリックビューイングが行われていました。会場内には小さなお子さんからお年寄りまで様々な世代がいっぱい!このほのぼの感が『武蔵境』のステキなところです。
※※JR『武蔵境』駅南口(武蔵野プレイス周辺)の様子・・・・・・現地より徒歩11分(約820m)/2019年9月撮影。

※表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分として算出し端数は切り上げています。
※所要時間については、時間帯・歩行速度・天候・信号の状況によっても異なります。あくまでもレポート時の実測として参考にしてください。
福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP