• 分譲マンション
  • 静岡県浜松市浜北区
  • 遠州鉄道

住宅ライターの「ブライトタウン貴布祢」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ブライトタウン貴布祢 > ブライトタウン貴布祢、契約者に評判の『魅力のまとめ』
2017年12月23日

ブライトタウン貴布祢、契約者に評判の『魅力のまとめ』

昨年12月から1年間連載を続けてきた【ブライトタウン貴布祢】ブログレポートも今回が最終回となりました。
(長らくお付き合いいただきありがとうございました!)

そこで最終レポートとなる今回は、契約者の皆さんに好評だった
【ブライトタウン貴布祢】の魅力のまとめとして好評ポイントベスト5をご紹介します!
※ブライトタウン貴布祢現地の様子・・・・・・2017年11月撮影。

好評ポイント《第1位》は、なんと言っても駅から近いこと!




▲遠州鉄道『浜北』駅から徒歩5分!
これは、やはり【ブライトタウン貴布祢】の最大の魅力であり、最大の強みと言えるでしょう。
前回のレポートでもご紹介しましたが、駅のすぐ目の前には
『浜北区役所』をはじめとした行政の中枢組織が集まる複合施設
『なゆた浜北』がある点も見逃せません!

※遠州鉄道浜北駅・・・・・・現地より徒歩5分(約400m)/2016年12月撮影。

マンションというのは、『住まい』であると同時に不動産という名の『財産』でもあるわけですが、
その『不動産の価値』を計る場合、最もシンプルな指標となるのが“駅からの近さ”です。

“最寄り駅から徒歩5分”という条件なら、不動産業界では『駅近物件』と判断されるため、
将来の売却や賃貸運用を考える際にも、優位に働くことが想定できるのです。

「駅から近い」ということは、暮らしの快適さと同時に、資産評価の維持にもつながるんですね!


▲ちなみに、現在『浜北』駅はホームのバリアフリー工事中で、
来年1月下旬にはリニューアル後の運用が開始する予定!
ますますキレイに、便利に、使いやすくなりそうです。

《第2位》は、プレ葉ウォーク浜北に近いこと!

 
▲『プレ葉ウォーク浜北』は、総敷地面積5万2662㎡、
アピタと142の専門店が入っている浜北地区最大級のショッピングモール!
“親子3代で楽しめる商業施設”がコンセプトで、グルメ、ファッション、スーパーまで
家族で1日過ごしていても飽きないほどの充実した店舗構成となっています。

※『プレ葉ウォーク浜北』・・・・・・現地より徒歩3分(入口まで約200m)/2017年1月撮影。

人気商業施設のため、週末ともなると駐車場内はかなり混雑するのですが、
【ブライトタウン貴布祢】は、そんな混雑を横目に眺めながら
歩いてお買い物に出かけることができる“徒歩3分”という近さ

何より、こんな大きなショッピングモールが身近な徒歩圏内にあれば、
スーパーを“我が家の冷蔵庫代わり”に使えるため、
無駄な買いだめをしなくて済みそうですね(笑)経済効率もGOODです!

《第3位》は、敷地内駐車場はすべて平面式、しかも1台目無料!


▲こちらは【ブライトタウン貴布祢】北側の外観写真ですが、
この写真手前部分の広々としたスペースは『平面式駐車場』となります。

※現地北側の風景・・・・・・2017年11月撮影。

【ブライトタウン貴布祢】では、住戸比130%、95台分の駐車スペースが確保されており、
すべて車高を気にせず出し入れしやすい平面式駐車場となっている点が特徴!
しかも、1台目の駐車場は何と無料(!)ですから、家計の節約にもつながります。

仮に浜北エリアの月極駐車場の賃料相場である4000円を毎月節約できると考えると、
その分を住宅ローンの繰上げ返済に充てたり、
子どもたちの教育資金にまわしたりすることもできますから、
長い目で考えると家族の未来の豊かな暮らしを育んでくれそうですね!

《第4位》は、365日いつでもゴミ出しOK!


▲【ブライトタウン貴布祢】では、
エントランスホールの奥に『ゴミステーション』があるため、
雨の日でも傘を差さずにゴミ出し可能!
しかも、脱臭機・エアコンが設置されているのでイヤなニオイも気にならず
24時間・365日いつでもゴミ出しができるようになっています。


最近は、ライフスタイルや仕事の多様性により、生活時間も各家庭でそれぞれ異なりますが、
ゴミ出しの時間を気にせずに、自分が利用したいタイミングに合わせて
いつでも使えるゴミステーションがあるというのは、とても便利ですね!

《第5位》は、全邸明るい南向き!


▲この写真からもおわかりいただけると思いますが、
【ブライトタウン貴布祢】は、73邸すべてが明るい南向きの住戸配置となっています。

※ブライトタウン貴布祢現地の様子・・・・・・2017年11月撮影。

敷地の南側は、ほとんど地元の方しか利用しないとても静かな生活道。
その生活道の向こう側には『貴布祢神社』の鎮守の森の緑が広がっており、
太陽の光を遮るような大きな建物が目の前にはありません。

そのため、低層階住戸であっても十分な日当たりの良さと
ワイドな開放感を実感することができるのです。

現地を訪れてみると、きっと多くの方が
「ここで暮らしてみたいな・・・」と感じるはず!
恵まれた住環境が広がっています。
(実は、筆者も“ここ、いいなぁ”と感じたうちの1人です・笑)

=============================================

いかがでしたか?
最終レポートは、契約者の皆さんに好評だったポイントを5つ、
クローズアップしてご紹介しました。

この他にも『英国風のランドスケープデザイン』や
貴布祢独自の強固な地盤』など、
“契約の決め手”となった魅力はいろいろあるようです。

詳しくはマンションギャラリーを訪れて、
皆さんご自身の“決め手”となる魅力を確認してみてくださいね!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP