• 分譲マンション
  • 静岡県浜松市浜北区
  • 遠州鉄道

住宅ライターの「ブライトタウン貴布祢」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ブライトタウン貴布祢 > あなたならどう使う?ワクワク感が広がる『エクストラスペース』付きの2LDK《Eタイプ》
2017年10月14日

あなたならどう使う?ワクワク感が広がる『エクストラスペース』付きの2LDK《Eタイプ》

浜北区内で約10年ぶりの新築分譲マンションとして注目を集めている【ブライトタウン貴布祢】。
2017年3月の分譲開始から約半年を経て、残る分譲住戸もあとわずかとなってきました。

当レポートでは、ここ数回に渡って“筆者オススメの住戸”をご紹介していますが、
今回クローズアップするのは、【ブライトタウン貴布祢】の中でも
比較的コンパクトな2LDKプランの《Eタイプ》です。
※写真はブライトタウン貴布祢マンションギャラリー・・・・・・2017年6月撮影。

3人暮らしも視野に入れた、2人暮らしにピッタリな62.32㎡の2LDKプラン



▲まずは《Eタイプ》の間取りから。専有面積は62.32㎡の2LDKで、
ウォークインクローク・シューズクローク・エクストラスペースが付いた収納たっぷりプランです。


================================================

突然ですが、皆さんは“自分たち家族に必要な生活面積の目安”についてご存知ですか?
(以前にもチラリと触れたことがありますが、再度詳しくおさらいしてみましょう)

国土交通省が平成28年に発表した『住生活基本計画』(10年毎に更新)の中では、
『誘導居住面積水準』(多様なライフスタイルを実現するために必要と考えられる住宅面積の広さの目安)
に関する計算式が掲載されています。その計算式によると、

●一般型(主に一戸建ての場合)/2人以上の世帯の場合・・・【25㎡×世帯人数+25㎡】
●都市居住型(主にマンションの場合)/2人以上の世帯の場合・・・【20㎡×世帯人数+15㎡】


となっていますから、上記の都市居住型(マンション型)に当てはめてみると、
●2人暮らしの場合は、20㎡×2人+15㎡=55㎡
●3人暮らしの場合は、20㎡×3人+15㎡=75㎡

が“生活面積の目安”という計算になります。

つまり、専有面積62.32㎡の《Eタイプ》の場合は、夫婦二人暮らしだとゆとりを感じるぐらいの広さ

例えば、今後子育てを検討したり、実家でひとり暮らしをしているお母さんとの同居を考えたり・・・
「いまは2人だけど、ひょっとして将来3人になるかも」と考えている方に、ピッタリなプランと言えそうです。

もちろん、家族の暮らし方や、趣味や持ち物などのライフスタイルの志向の違いによっても
必要な生活面積というのはまったく異なるため、上記の計算式はあくまでも“目安”ではあるのですが、
「自分たちにジャストサイズな生活面積はどれぐらいか?」を
客観的に判断するデータとして参考にしてみてくださいね!

さて、約0.9帖の『エクストラスペース』をどう使う?


▲ところで、《Eタイプ》の間取りをチェックしながら、
「この『エクストラスペース』ってどうやって使うの?」と思われた方も多いのではないでしょうか?
ウォークインクロークやシューズクロークは、すっかりお馴染みのスペースですが、
『エクストラスペース』というのは、収納豊富な間取りの中でもあまり見かけない空間ですよね(笑)?


通常は『納戸』と表現されることもありますが、
あえて『エクストラスペース』と表記されている点に、
「ご自身のお好みで自由にこのスペースを使ってください」という設計者の提案が感じられます。

もちろん、ここを通常通りの『納戸』として活用し、ゴルフバッグや旅行用のトランクなど、
お部屋の奥まで持ち込むのにちょっと抵抗を感じる大型アイテムの収納場所として使うのも便利です。

しかし、この空間を『収納』ではなく『ひとつの小さな部屋』として考え、
壁一面ぐるりと書棚に囲まれた『ライブラリー』にしたり、
お気に入りのCDやDVDをひとりで観賞できる『オーディオルーム』にしたり
大切なスニーカーや、大好きなブランドのバッグを並べて『コレクションルーム』にしたり

と、この0.9帖のスペースの使い道を考えるだけで、新生活へのワクワク感がさらに広がりそうです。

また、シューズクロークにも隣接しているため、将来リフォームを行うときには、
2つのスペースの間の壁を取り払って、
合計約1.8帖の大型ウォークスルー・シューズクロークを作ることも想定できますね!

 
▲ちなみに、マンションギャラリーで見学できる《Lタイプ》モデルルームには、
約0.5帖の『エクストラスペース』がありますから、
「《Eタイプ》のエクストラスペースは、この倍ぐらいの空間になるんだな・・・」と
広さの感覚を確認してみてはいかがでしょうか?

※LタイプモデルルームLDとエクストラスペース・・・・・・2017年3月撮影。

================================================

いかがでしたか?
『エクストラスペース』というプラスαの空間があるだけで、
単なる2LDKのプランとはまた違った“家族の暮らし方の幅”が広がっていきそうです。


▲しかも、現在分譲中の《Eタイプ》は、浜北中心街・貴布祢エリアをワイドに見渡すことができる
6階・7階の高層階2邸ですから、“マンションならではの見晴らしの良い暮らし”も満喫できます。
《Eタイプ》に興味のある方は、お早めに問い合わせをしてみてくださいね!

※ブライトタウン貴布祢マンションギャラリー内模型・・・・・・2017年6月撮影。

★モデルルーム見学希望の方は、
フリーダイヤル:0120-150-530(ブライトタウン貴布祢マンションギャラリー)までお問い合わせを!

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP