• 分譲マンション
  • 静岡県浜松市浜北区
  • 遠州鉄道

住宅ライターの「ブライトタウン貴布祢」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ブライトタウン貴布祢 > 貴布祢の夏をしめくくる『貴布祢祭り』が行われました!
2017年08月29日

貴布祢の夏をしめくくる『貴布祢祭り』が行われました!

毎年8月の最終土曜・日曜日に開催される『貴布祢祭り(正式には貴布祢神社祭典)』。

この『貴布祢祭り』の期間中には、7つの町内の屋台やお囃子行列が各町内を練り歩き、
“激練り”や“はち合わせ”と呼ばれる屋台同士のぶつかり合いがお祭りの見どころとなっています。

今年2017年は、先週末26日・27日に開催されたのですが、筆者は最終日のクライマックスである
『千秋楽曳き別れ』のタイミングに合わせて会場へお邪魔してきました!
※以下すべて、貴布祢神社周辺のお祭りの風景・・・・・・現地より徒歩2分(約160m)/2017年8月27日撮影。

子どもたちにとっては“夏休み最後の楽しいイベント”
最終日の夜は屋台同士の“はち合わせ”で会場がヒートアップ!

『貴布祢祭り』の様子をご紹介をする前に、まずは『貴布祢神社』の歴史から。

静岡神社庁HPの解説によると、
江戸時代、ここ貴布祢地区には木舟村と木舟新田村の2つの村があり、
村内には多くのお宮が祀られていたそうです。

しかし明治維新以降は、神仏分離令の発令によって2つの村が合併し、明治8年に貴布祢村が誕生。
その翌年、村内のお宮が合祀され、ここに『貴布祢神社』が誕生したのだそうです。

(正確な年代は不明ですが)『貴布祢祭り』はその頃から始まったとされていて、
7区の町内の人たちが屋台を曳きならがら一斉に『貴布祢神社』前に集まり、
貴布祢の繁栄と地元の人たちの結束を強めるための“神聖な祭典”として位置づけられています。


▲ちなみに、7つの屋台が集まりクライマックスで“はち合わせ”を行う『文化センター』交差点は、
【ブライトタウン貴布祢】からもすぐ近く!
屋台曳き回しの時間帯には現地周辺の道路も交通規制によって歩行者天国になるため、
まさに“お祭り会場のど真ん中”で貴布祢の夏をしめくくる風物詩を楽しめます!



▲お祭りの日は、日ごろ閉じられている社殿も開放。
もともと貴布祢エリアでは、江戸時代後期から綿の産地として栄えた歴史があり、
古代には天竜川の流路が近くにあったことから、
水神を祀る神様である“貴船(貴布祢)神社”が信仰を集めるようになったとも伝えられているそうです。




 
▲ふだんはとても静かな『貴布祢神社』ですが、
この日は境内にもお社の周りにも所狭しと出店がズラリ!
また、社殿隣のステージでは、フラダンスや和太鼓の演奏など『演芸大会』も開かれていたそうです。


こうして、貴布祢に夜の帳が降りた19:25頃、
遠くのほうから賑やかなお囃子が聞こえ、祭りのクライマックスが近づいてきました!



 
▲各地区の法被に身を包んだ人たちが見守る中、
豪華絢爛な屋台が続々と神社前の『文化センター』交差点へ集まってきます!
ちなみに、屋台の中でお囃子や掛け声を担当しているのは子どもたち。
毎年練習を重ねて上手になっていくそうですが、
「○○組、がんばれ~!あと少し、がんばれ~!」と、
マイクから響き渡る子どもたちの掛け声が何とも初々しくて、思わず観客からも笑いがこぼれます。


 

 
▲信号機スレスレのところを通り抜けるパーフォーマンスなどを繰り広げながら、
7台の屋台が一斉に向き合うと・・・ここからは屋台同士がぶつかり合う“はち合わせ”がはじまります!


 
▲交差点の中央で音頭が取られると、7台の屋台が一斉に猛スピードで前進!!!!!


▲本当にぶつかり合いそうになるギリギリ手前のところで屋台はピタリと止まり、
また元の位置へとゆっくりと戻っていきます。
この荘厳な“はち合わせ”は5回繰り返されるのですが、回数を重ねるごとに会場の熱気もヒートアップ!
大興奮の余韻を感じながら2017年の『貴布祢祭り』は千秋楽曳き別れを迎えました。


================================================

地元の方のお話によると、
「貴布祢祭りの時だけは、進学や就職で他へ出て行った子たちも必ず戻ってきて参加するぐらい、
貴布祢の人たちにとって欠かせないお祭りなんです」とのこと。

古くから地元で愛され、地域のつながりを強めてくれる祭典が
平成の今までずっと、子どもたち・孫たちに受け継がれているという点にも、
ここ貴布祢の人たちの温かい人柄が窺えるような気がします。

ぜひ皆さんも、【ブライトタウン貴布祢】での新生活がスタートしたら、
毎年8月の最終土曜・日曜日は“貴布祢の伝統を守り、楽しむための2日間”として、
地元のお祭りに参加してみてはいかがでしょうか?

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士。住宅関連情報誌のレポーターやラジオ等の構成作家としても活動中。自他ともに認める住宅オタク。チェックしたモデルルーム&モデルハウスは数知れず・・・。

PAGE TOP