• 分譲マンション
  • 静岡県浜松市浜北区
  • 遠州鉄道

住宅ライターの「ブライトタウン貴布祢」取材レポート

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

そのうちTOP > ブライトタウン貴布祢 > 山々にこだまする大音響、140年余の歴史ある「鹿島の花火」を満喫!
2017年08月11日

山々にこだまする大音響、140年余の歴史ある「鹿島の花火」を満喫!

あちらこちらで花火大会の話題を耳にするこの季節。
【ブライトタウン貴布祢】の最寄り駅「浜北」駅から遠鉄電車で5つ目の
終点「西鹿島」駅周辺でも、毎年『鹿島の花火』が行われています。

この花火大会の歴史は古く、何と140年以上にも!
例年、約4000発打ち上げられ、約9万人の人出でにぎわう伝統的な花火大会ですが、
会場でお話を聞くと、「今年の観客数はおそらく過去最高」とのこと。

さっそく8月5日(土)に天竜川の夜空を彩った『鹿島の花火』の様子をレポートします!

※写真はすべて鹿島の花火大会・・・・・・現地より約8km/2017年8月撮影。

浜北駅から5つ目の「西鹿島」駅から歩いて約10分、天竜川の河川敷へ!


▲【ブライトタウン貴布祢】の最寄り駅である「浜北」駅から遠鉄電車に乗って約10分、
終点の「西鹿島」駅に到着。駅の改札を出てすぐから花火が望めて、テンションが上がります。
花火大会が始まる19時過ぎに着く電車でしたが、混み合うことなくスムーズに到着できました。

 
▲左/「西鹿島」駅前の笠井街道は、18時~22時まで「歩行者専用道路」になるため、
小さな子ども連れのご家族も安心して歩くことができます。
家並みの上に花火が上がり続けるので、気が急くこともなく、のんびりと花火会場へ。
右/いよいよ打ち上げ会場である河川敷に入る道路へ。出店が並び、一気ににぎわってきました!


▲堤防下の道路の両脇には、出店がぎっしり。外国のナイトマーケットのような空気です。
河川敷の道路は一方通行で移動しづらいイメージがありますが、
花火鑑賞は堤防上の道路で移動、買い物は堤防下の道路、と動線が分かれているので、
うまく流れができて、歩きやすいなと思いました。

会場はどこでも“特等席”の気分。打ち上げ場所まで一望できる!

『鹿島の花火』の打ち上げ会場は、天竜川の広々とした河川敷。
すぐ前に山並みが迫るため、山にこだましてドドーンと響き渡る「音」も本当に迫力たっぷり。
お子さんやお孫さんの花火デビューは、会場から少し離れた方がオススメかもしれませんが(笑)、
大人にはお腹に響く重低音がたまりません!


▲ご覧ください!間近で打ち上げられる花火は、降って来そうなほどのド迫力。
夜空に広がる大輪の花だけでなく、花の茎のような光の筋までしっかり楽しめます!

 
▲左/なだらかな堤防の土手が天然の観客席になっています。下草がフカフカで、座り心地がよさそう。
堤防は400m以上の長さがあるので、お隣の方との距離感もほどほどで、移動がしやすく快適です。
右/より打ち上げ場所に近い河川敷の平らな部分には、「有料桟敷席」(入場券1000円)が用意されています。
当日販売もあり、落ち着いて鑑賞したい方にはぴったり。さまざまな過ごし方ができますね。


▲夏のお楽しみ、かき氷と花火! 
川風とかき氷で適度にクールダウンしながら花火に酔いしれました。

スターマイン20基、10号玉25発!豪華絢爛な花火を一挙に紹介


▲大会本部でもらったうちわと、花火紹介のチラシ。ここには、打ち上がるすべての花火の大きさと数、
そして提供者の氏名が記されています。
打ち上げ時には、「次は〇〇会社からの10号1発です」などとアナウンスされ、
ほのぼのとした温かな気持ちに。地元の多くの企業・お店に支えられた花火大会ということが伝わります。

  

 
▲今大会は、スターマイン(速射連発花火)が過去最高の20基も登場。
仕掛け花火もより豪華だったそうで、観客から「わーすごい!」という拍手喝采が何度も起きました!
さらに大玉と呼ばれる10号玉が25発も! 高さ約300mまで上がり、直径300m以上の花火になる
10号玉は音も華やかさも格別。空が大きく埋まるほど広がり、何度もため息がこぼれました。


▲大会のラストは、主催者である天竜区観光協会 天竜支部からの大仕掛け。
「また来年」という文字が浮かび上がった後、夜空は真昼のようなまばゆさに。
圧巻の花火大会が幕を閉じました。


▲アナウンサーの呼びかけで、観客はケータイのライトやペンライトを振って、花火師に感謝の気持ちを送ります。
地上に光が灯る様子も感動的。最後まで地域と観客、一体感のある心温まる花火大会でした。
帰りの電車は混み合うので、小さな子どもたちと一緒に出かける場合は、
少し時差のゆとりを持つのがおすすめです。

================================================

いかがでしたか?
『鹿島の花火』の華やかでアットホームな雰囲気が
お分かりいただけたでしょうか?

【ブライトタウン貴布祢】からアクセスしやすい『鹿島の花火』で
家族の夏の思い出が、毎年増えそうですね。

福岡由美

住宅ライター
福岡由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP