• 分譲マンション
  • 東京都世田谷区
  • 日本土地建物

住宅ライターの「バウス世田谷上町」取材レポート

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

そのうちTOP > バウス世田谷上町 > ご存知でしたか?1回乗換えるだけで「都心主要駅へスピードアクセス」が実現する世田谷線の利便性!
2019年02月16日

ご存知でしたか?1回乗換えるだけで「都心主要駅へスピードアクセス」が実現する世田谷線の利便性!

「長年東京に住んでいるけど、世田谷線ってまだ一度も乗ったことがない」という方も意外に多いのではないでしょうか?実は筆者もそのひとり。【バウス世田谷上町】の取材で初めて乗車したのですが、実際に乗ってみると“こんな便利な路線だったのか!”と新たな発見もいっぱいありました。

そこで今回は、まだ意外に知られていない世田谷線の魅力と、【バウス世田谷上町】の最寄り駅である『上町』から『渋谷』までのアクセスルートを写真でご紹介します!
※写真は『渋谷』駅前の様子・・・・・・現地より約6.0km/2019年2月撮影。

【この記事のまとめ】

■平日朝の混雑も比較的少ない世田谷線は乗換え路線としても便利
■『三軒茶屋』で田園都市線に乗り換えると、『渋谷』まで“乗車時間12分”
■『山下』から小田急線経由で千代田線へ直通、『下高井戸』から京王線経由で都営新宿線へ直通
■“一回乗り換えるだけ”で都心主要駅へスピードアクセスが可能

『渋谷』まで“乗車時間12分”でスピーディにアクセス!

世田谷線は『三軒茶屋』と『下高井戸』を結ぶ東急電鉄の軌道線(路面電車)。ただし、荒川都電のように一般の道路上を走るのではなく専用軌道を走行するため、信号等の影響を受けにくく、発着時間の遅れもほとんどありません。

また、『上町』駅の駅員さんにお話をうかがったところ、「平日朝の通勤時間帯は世田谷線も多少は混雑するものの、満員で電車を1本見送るような混雑状態になることはほぼありません。スムーズにご乗車頂けます」とのことでした。

  
▲こちらが『三軒茶屋』方面行きの世田谷線『上町』駅の駅舎。
※世田谷線『上町』駅・・・・・・現地より徒歩5分(約400m)/2019年2月撮影。

筆者が何より“使いやすいなぁ”と感じたのは駅舎自体が大きすぎないこと。都心のターミナル駅の場合、駅の入口から改札・ホームまでの距離が離れていて“駅構内を歩いているだけで数分かかってしまう”ということがよくありますが、世田谷線の場合は駅舎がコンパクトなので、入口→改札→ホームまでの距離がとても近いのです!

 
▲「駅についたらすぐ目の前がホーム」という移動距離の短さは世田谷線の魅力のひとつ。ベビーカーで移動する方も、これなら気楽にお出かけできますね!・・・では、早速『三軒茶屋』行きの電車に乗車してみましょう。

『上町』から『三軒茶屋』までは5駅・9分。車窓に映る風景を眺めているとあっという間です。

 
▲世田谷線は住宅街を走る路線なので線路沿いに建ち並ぶ住宅との距離が近く、車窓には地域の人たちの暮らしぶりが窺えるほのぼのとした風景が広がります。この“ほっこりできる眺め“は世田谷線ならではの穏やかな時間です。
※世田谷線の車窓の風景・・・・・・2019年2月撮影。


▲こうして世田谷線終着の『三軒茶屋』駅に到着!『三軒茶屋』駅はレンガ張りのレトロモダンな雰囲気です。
※世田谷線『三軒茶屋』駅・・・・・・2019年2月撮影。

 
▲田園都市線へ乗り換える時はキャロットタワーの地下通路『三茶パティオ』へ降りてまっすぐ進みます。
※キャロットタワー地下三茶パティオの様子・・・・・・2019年2月撮影。

世田谷線から田園都市線への移動ルートには、すべてエレベーターやエスカレーターが完備されていますから、出張用のトランクなど大きな荷物を持ち歩いている時も快適に移動可能です。

 
▲田園都市線『三軒茶屋』駅の改札を通り、2番乗り場から『渋谷』行きの急行へ乗車。
※田園都市線『三軒茶屋』駅改札とホームの様子・・・・・・2019年2月撮影。

急行に乗ってしまえば『三軒茶屋』駅から『渋谷』駅まではわずか1駅・3分!これまたスマートフォンでゆっくりメールチェックをしている暇もないぐらい、あっという間の移動時間です(笑)


▲こうして賑やかな『渋谷』駅に到着!『上町』から『渋谷』まで、電車に乗車していた時間はたったの“12分”(通勤時は14分)。乗換え時間などを含めても“約20分”もあれば『渋谷』に到着することがわかりました!
※田園都市線『渋谷』駅改札周辺の様子・・・・・・2019年2月撮影。

実は“1回乗り換えるだけ”で田都へ、千代田線へ、新宿線へ
都心主要駅まで軽快にアクセスできる世田谷線

ところで、世田谷線の都心アクセスというと、今回のレポートでご紹介したような“三軒茶屋で田園都市線に乗換えて渋谷へ”というイメージが強いのですが、実は『山下』駅から小田急線に乗換えれば千代田線直通、『下高井戸』から京王線に乗換えると都営新宿線へ直通・・・と、他にも都心アクセスの手段が揃っていることをご存知でしたか?


▲『新宿』へ16分(通勤時20分)、『大手町』へ30分(通勤時33分)など、1回乗り換えるだけでスピーディな都心アクセスが可能となります。


▲改めて路線図全体で見てみると、『渋谷』『新宿』『大手町』のほかにも『霞ヶ関・日比谷』方面や『市ヶ谷・九段下』方面、『岩本町(秋葉原・神田)』方面などなど、赤色で駅名を表示している主要ビジネスエリアに、スムーズにアクセスできることがおわかりいただけるのではないでしょうか?
※画像をクリックすると大きな路線図を確認できます。

このように、“1路線だけ”の交通手段ではなく、都心へのアクセス方法が多岐に渡れば、万一の路線運休や遅延の際にも交通トラブルを回避しやすくなりますから、ビジネスシーンでもこの世田谷線の特徴を大いに活用したいですね!

==============================

さて、多岐に渡る交通手段といえば実はもうひとつ!『渋谷』までのアクセスにはバス便の利用も可能です。次回は『バスに乗って渋谷へ!』のレポートをお届けします。どうぞお楽しみに!

福岡 由美

住宅ライター
福岡 由美

住宅ライター・住宅ローンアドバイザー・ファイナンシャルプランニング技能士 /取材歴20年以上の専門家として住宅情報誌やサイトへレポートを寄稿、セミナー講師等も務める。ラジオレポーター・構成作家としても活動中。

PAGE TOP