• 分譲マンション
  • 愛知県知多郡東浦町
  • トヨタホーム

住宅ライターの「アネシアフロル東浦」取材レポート

菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

そのうちTOP > アネシアフロル東浦 > 初めてでも大丈夫!マンションギャラリーで、今ドキの最新マンションを体感してみよう
2020年08月28日

初めてでも大丈夫!マンションギャラリーで、今ドキの最新マンションを体感してみよう

「東浦」駅徒歩2分(約110m)に誕生する【アネシアフロル東浦】。

駅前に誕生する全136邸・エリア最大規模(※1)のプロジェクトということもあり、どんなマンションができるのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

ただ、マンション購入検討が初めてという方の中には、「ギャラリーに足を運ぶのはまだ早いかも…」や「ちょっと見学だけに行くのは気が引ける…」と尻込みしてしまっている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回は、「マンションギャラリーってどんなところ?」「何ができるの?」について詳しくご紹介しましょう。

マンションギャラリー見学はマンション購入への第一歩!事前に予約をしてからお出かけを。

まずは【アネシアフロル東浦】のマンションギャラリーの場所を確認してみます。

 
▲【アネシアフロル東浦】のマンションギャラリーがあるのは、JR東海道本線・名鉄三河線「刈谷」駅の北口からすぐ。

 
▲「刈谷」駅のペデストリアンデッキを下ってしばらく進むと、あっという間にマンションギャラリーに到着します!
マンションギャラリーのお隣には、コインパーキング「三井のリパーク」もありますから、お車での来場もOKですよ。(※ギャラリーにて、お帰りの際にパーキングチケットを受け取ることができます)

 
マンションギャラリーは誰でも見学することができますが、完全予約制での案内となっています。
見学の際は、【アネシアフロル東浦】の公式サイトもしくはお電話にて予約の上でお出かけくださいね。


▲マンションギャラリー内に一歩足を踏み入れると明るいフロントが迎え入れてくれます。

 
▲マンションギャラリーでは、除菌ジェルの設置(写真1枚目)や、スタッフのマスク着用や席の間隔を空けての案内、シアタールームは極力一家族ずつの鑑賞、キッズルーム(写真2枚目)でのお子さまのお預かりを当面の間中止…といった感染症対策も実施されていますよ。

コンセプト動画や模型でマンションの特徴や規模感をリアルに体感

フロントで受付を済ませたら、まずは商談スペースで簡単なアンケートを記入します。


▲希望の広さや予算などが決まっていれば、アンケートに記入をしておくとスタッフさんから具体的な提案をしてもらいやすくなります。もし、まだ何も決まっていないようであれば、書けるところのみの記入でも大丈夫です。

アンケートを記入したあとは、スタッフさんからパソコンのモニターや資料を使ってマンションの基本情報の説明があります。
商談スペースは1卓ごとに仕切られていて話しやすい雰囲気ですから、質問や気になることがあればどんどん聞いてみてくださいね。

 
続いて案内されるのは、まるで小さな映画館のようなシアタールーム。


▲ムービーは【アネシアフロル東浦】で叶えられるライフスタイルを疑似体験できるような内容。ここで一気に、新生活への夢がどんどん膨らむのではないでしょうか。

ムービー鑑賞のあとは、建物模型とパネル展示のコーナーへ。


▲実際の建物そっくりに作られた模型を眺めると【アネシアフロル東浦】の完成イメージやスケール感も実感しやすくなります!164台分(※2)確保されたゆったりとした平置き駐車場の様子もとても分かりやすいですね。

 
▲エントランスアプローチや、周辺の道路や建物との位置関係、1階住戸の専用庭も精巧に表現されていますから、「自分が暮らすなら、このあたりのお部屋がいいかな?」とイメージしてみるのもオススメです。

 
▲さらに「これは面白い」と思ったのが、建物模型の台座部分に地中深くまで打ち込まれた杭の深さまで表現されていたこと!是非チェックしてみてくださいね。

建物構造の実物大模型も展示!宅配ボックスやディスポーザーなどの設備も実際に体験できます

マンションギャラリーの2階は、建物の構造模型や設備などの展示コーナーになっています。

 
▲普段はなかなか見ることができないマンション内部の構造。一概に鉄筋コンクリート造と言われても、具体的にどんな構造なのかピンとこないし、専門用語はよくわからないという方も、この模型を見れば壁の厚さや建物内部の構造が一目瞭然!マンションの強固な作りを実感することができるのではないでしょうか。 


▲また、万が一の災害時に備えて【アネシアフロル東浦】に備蓄される防災用品も展示されていました。各家庭ではなかなか用意することが難しい発電機や担架などの大きなものもあらかじめ用意されているのが心強いですね。

ほかにも、非接触ハンズフリー型の「Raccessキー」を採用した宅配ボックスやカラーモニター付きのインターホンといったセキュリティシステムは、実際に触って体験してみることができるんです!

 
▲実際に操作して体験してみることで、最新設備の利便性をより実感することができそう!入居後の生活イメージもさらに具体的になるのではないでしょうか。

また、キッチンに標準装備される「ディスポーザー」も実際に動かして体験することが可能です。

 
▲生ごみを入れ、スイッチを兼ねた安全フタを操作するだけで、砕いた生ごみを水で洗い流すことができる「ディスポーザー」。生ごみ処理の手間や気になるニオイを解消できる憧れの設備です!
こちらでは展示用にシンク下部がスケルトンになっていますから、普段は見ることができないシンク下の構造にも注目ですよ!
※投入できるものや量については限度がございます。詳しくは係員にお尋ねください。ディスポーザー使用時には水を流していただく必要がございますので、ご注意ください。

 

▲この後、マンションギャラリーの醍醐味とも言えるモデルルーム見学ののち、再び商談スペースに戻って販売スケジュールなどの説明を受けたところでギャラリー見学は終了。

所要時間は一般的に約1時間半~2時間程度ですが、ゆっくりと見学するためにもぜひ時間に余裕をもってお出かけくださいね。

 
▲ちなみに、マンションギャラリーには、お部屋のドアや床といった建具やキッチンや洗面化粧台の収納扉などのカラーを選ぶことができる「カラーセレクト」のサンプルコーナーも。

こういったセレクトやオプションの追加などは、マンションの建設が進むにつれ下層階からどんどん締め切られていきます(※3)から、早期検討・早期契約がオススメです!

「どんなマンションができるのか気になる!」「購入を迷っている…」という方は、まずはぜひお気軽にマンションギャラリーへ足を運んでみてくださいね。

※掲載の写真・内容は2020年8月取材時のものです。
※1:1993年以降に東浦町で発売された分譲マンションで、本件は総戸数・敷地面積ともに最大。(株式会社アイ・アンド・キュー アドバタイジング調べ)
※2:一部縦列駐車の区画を含みます。
※3:セレクト・オプション等の申し込み期限は階数によって異なります。詳しくはマンションギャラリーのスタッフの方にお問い合わせください。
菊地麻衣子

住宅ライター
菊地麻衣子

15年以上住宅業界漬けのコピーライター。
モデルルームを見ると間取りはもちろんタイルなど細部の仕様まで気になってしまう住宅&インテリアフェチ。気に入った家具がないと自宅マンションに造作工事を入れるほどのこだわりの持ち主。

この物件の他の記事 PAGE TOP