• 分譲マンション
  • 愛知県知多郡東浦町
  • トヨタホーム

住宅ライターの「アネシアフロル東浦」取材レポート

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

そのうちTOP > アネシアフロル東浦 > 生活費を年間5万円以上も節約!?住むなら“大規模マンションがオススメ”の理由とは
2021年01月28日

生活費を年間5万円以上も節約!?住むなら“大規模マンションがオススメ”の理由とは

一口に「マンション」と言っても、総戸数10~20戸前後の小規模なものから100戸以上の大規模なものまで、その規模はさまざま。

「ご近所付き合いを考えると小規模な方が良いかな」や、「大規模マンションの方が広い敷地でゆったりと暮らせそう」という方、「お部屋の広さが同じくらいなら、マンション全体の規模は気にしなくても良いのでは?」と考える方もいるかもしれませんね。

小規模マンションと大規模マンションでは、暮らしのランニングコストや施設の充実度が異なり、生活スタイルにさまざま違いが出てきます。

そこで今回は、マンションの“規模”によって異なる暮らしの違いについて考えてみたいと思います。

マンションで暮らす上では欠かせない「管理費」や「修繕積立金」は、大規模マンションの方が安い傾向にあります

マンションで暮らすと、住宅ローンとは別に毎月必ずかかってくるのが「管理費」や「修繕積立費」などのランニングコスト。

一般的に管理費や修繕積立金は、『大規模マンションのほうが小規模マンションよりも安くなる傾向にある』と言われています。


▲ちなみに「管理費」は、共用部の電気代や日々の清掃、管理人さんの人件費などに使われます。セキュリティシステムや防犯カメラなどの利用料もここに含まれていますよ。
「修繕積立金」は、外壁のメンテナンスや建物診断、防水工事などを行い、建物を長期的に維持するために使われる費用です。

なぜ、大規模マンションだと管理費や修繕積立金が安くなる傾向にあるのか…というと、ポイントは『住んでいる世帯数の違い』にあります。
多くの世帯が暮らす大規模マンションなら、建物の管理や修繕のための費用をより多くの人で分けて負担することができるので、小規模マンションよりも安くなる…というわけですね。

参考に、分譲マンションの月額管理費を調べてみると、21~30戸の場合で151円/㎡、101~150戸で128円/㎡、というデータも(※出典:国土交通省「平成30年マンション総合調査」)
やはり、管理費は大規模マンションの方が安い、と言えそうです。

 
とはいえ、「大規模マンションなら、管理費はどのマンションでも同じなのか」というと、そうではなく、それぞれのマンションで金額は異なっています。

たとえば、安城市で現在販売中の総戸数100戸以上のマンションと比較してみると…


▲同じ「総戸数100戸以上の大規模マンション」という条件でも、マンションによって管理費にはこのような違いが!
【アネシアフロル東浦】の管理費は、約105円/㎡。一般的な相場などと比較しても、安い金額で設定されているんですね。

たった数十円の差に見えますが、80㎡の住戸で月額管理費が「110円/㎡」と「130円/㎡」の場合では、月額で1,600円、年間にすると19,200円と2万円弱もの差が生じることに!結構大きな差になりますね…。

管理費や修繕積立金はマンションに住み続ける限り毎月かかるお金ですから、マンション選びの際にきちんとチェックしておきたいポイントだと思います。

大規模マンションは、電気代やインターネット・テレビの通信費もお得になる!?

大規模マンションに暮らすことで節約できるランニングコストは、管理費や修繕積立金だけではありません。
なんと、生活に欠かせない電気代やインターネット・テレビの通信費も節約することができるんです!

まず電気代で言うと、【アネシアフロル東浦】のような大規模マンションでは、「電力一括受電サービス」を採用しているケースがあります。
これは電力会社から高圧電力をまとめて購入し、各住戸に配電する…というもので、各家庭の電気料金を抑えることに繋がるんです!


▲【アネシアフロル東浦】では「電力一括受電サービス」により、1戸あたりの電気料金が、中部電力の従量電灯B・Cと比較して10%の割引に!
一般的な分譲マンション3LDKの電気料金が月額平均9,420円のところ、【アネシアフロル東浦】なら月額平均8,320円となり、月々約920円、年間約11,040円もお得になるんですよ。
※中部電力 従量電灯Bより10%割引 ※分譲マンション3LDKの電気料金はNext Power調べ(中部電力 従量電灯B 40Aの場合。税込金額。)

また、インターネットやケーブルテレビ(CATV)もマンション全体で加入することで、個人で加入するよりもお得に利用することができるんです。

 
▲【アネシアフロル東浦】では、インターネット(1G)とCATV(地デジ・BS)合わせて、月額使用料1,300円。
通常は4,514円の月額使用料がかかりますから、個人で契約するよりも月々3,200円の節約になります。
※知多メディアネットワーク、光トリプルギガパック(パススルーコース)から基本料金相当を差し引いた金額

つまり…、
電気代とインターネット・CATVの利用料金だけでも、月々約4,120円、年間で約49,440円のお得に!
住宅ローンを35年で返済すると仮定すると、完済までの35年間の節約額は173万円以上になります!

生活に不可欠な費用をこんなにも節約できるなんて、かなり魅力的ではないでしょうか?

大規模マンションだから実現できる、充実の共用部や安心感も魅力的

小規模マンションと比較して、「大規模マンションのこれは良いな、便利そうだな」と思うのが充実した共用施設。
パーティルームやキッズルーム、ゲストルームなどの施設や、さまざまな備品のシェアリングサービスは大規模マンションの方が充実していることが多いです。

大規模マンションでは多くの家族が同じ敷地・建物に暮らすわけですから、より多くの施設が必要になりますし、またその施設やサービスを維持管理するための費用も多くの世帯で分けて負担することができるんですね。


▲【アネシアフロル東浦】なら、「キッズルーム・パーティースペース」のほか「エントランスラウンジ」「ゲストルーム」といった共用施設が充実!
もちろん、安全な生活を守るために共用部から専有部までしっかりと施されたセキュリティや、車の出入庫がしやすい平面駐車場の整備もばっちりです。

 
▲加えて、「電動アシスト自転車付シェアサイクル」をはじめ、荷物を運ぶのに便利な「シェアカート」、万が一の際に備えた「防災備品」、エントランスラウンジで利用できる「電子雑誌読み放題サービス」…など、さまざまな場面で便利に利用できる“かゆいところに手が届く”サービスがあらかじめ用意されている点も良いな、と思います。

また、多くの家族が一度に新生活を始める大規模マンションなら、住民同士のコミュニティも育まれやすく、同世代や同じ趣味のお友だちも見つけやすそう。
みんなが“初めまして”の新築分譲マンションですから、「引っ越しで、新しい街に馴染めるかな…」という方も安心ではないでしょうか。


▲たまたまキッズルームで顔を合わせた親子とお友だちになったり、同じ幼稚園や学校に通う、なんてこともできるかも。同じマンションに住む同世代のファミリー同士で、育児などの協力もし合えるかもしれませんね!

【アネシアフロル東浦】には、居住者なら誰でも自由に書き込むことができる「コミュニティボード」も設置されますから、共通の趣味の友達を見つけたり、家具やお子さんの服を譲り合う…などに利用してみるのも良いと思いますよ。

五十嵐一恵

住宅ライター
五十嵐一恵

出版社勤務時代は数々の女性誌やweb編集に携わる。
流行りものが好きで、もちろん住宅にも興味あり!
様々な業界でフリーのエディター&ライターとして幅広く活動中。

この物件の他の記事 PAGE TOP